事務部の紹介

「地域とともに進化し続ける病院」を目指して

業務内容

事務部に求められているのは、病院におけるマネジメントとサービスです。 業務内容は、病院の経営管理支援、人材開発管理、医事・保険請求、患者さんへのサービス、資金管理、物品管理、施設管理、地域連携等、多岐に渡ります。 当院が「地域と共に進化し続ける病院」であるために、事務部は通常業務から病院経営まで幅広くマネジメントするとともに、患者さんから職員まで幅広いサービスを提供していきます。

職員数:160名(平成27年6月現在)※医師事務作業補助者含む
キャリア形成

激動する医療情勢の中で、患者サービス・病院運営・地域医療連携など、事務部の果たす役割は非常に大きなものとなっています。
”縁の下の力持ち”でなく“各専門領域においてプロフェッショナルとしての活躍”が求められています。
その役割に応えるため、またモチベーションや働き甲斐向上のため、積極的なキャリア形成支援・教育活動を行っています。

教育活動例
  • 新人研修(フォローアップ)
  • 役職/等級に応じた教育研修
  • 委員会/プロジェクト等の活動(事務局としての主体的活動)
  • 能力/適正に応じた人事ローテーション
  • 各種資格取得支援(MBA取得 等)
有資格者
  • 社会福祉士:8名
  • 診療情報管理士:21名
  • 上級医療情報技師:1名
  • 医療情報技師:3名