教育に力を入れている研修プログラム

内科研修プログラム

研修期間

2年

当科の特徴

当院は地域医療に密着した栃木県の中核病院で、十分な症例数に恵まれており幅広い臨床経験を積むことができる。
できるだけ本人の希望に沿った研修ができるよう研修プログラムに柔軟性を持たせて対応している。

研修目的

日本内科学会の内科認定医(専門医)の取得を一つの目標に、内科領域の幅広い知識、技術(検査技術を含む)を習得し、内科臨床医として第一線で活躍できる能力を養う。
また、老人医療など現在の医療の問題を充分に理解し、患者、家族の身になって医療のできる内科医師を育てる。

研修内容(卒業後3年目、4年目の2年間)
科名期間各科研修内容
5東系
呼吸器、腎臓、内分泌
3ヶ月 副主治医となり、呼吸器、腎臓、糖尿病疾患の専門診療に直接的に加わる。糖尿病の管理、気管支鏡検査、人工透析などの基本的知識と手技、呼吸器管理法などを学ぶ。
6西系
消化器、血液、膠原病
3ヶ月 副主治医となり、消化器、血液、膠原病疾患の専門的診療に直接的に加わる、上記疾患の。上部、下部内視鏡、腹部超音波、上部、下部消化管造影検査などの基本的知識と手技を学ぶ。
循環器内科 3ヶ月 副主治医として、循環器疾患の専門診療に直接的に加わる。心臓カテーテル検査、循環器生理学的検査、
心臓超音波検査などの基本的知識、手技を学ぶ。
循環器on callの一員として循環器救急の最前線に立ち実践的な臨床能力を養う。
神経内科 3ヶ月 副主治医として、神経内科疾患の専門診療に直接的に加わり、神経学の系統的知識を身に付け、神経学的検査や神経領域に必要な手技、リハビリテーションの基本的知識を習得する。
放射線
(診断部)
3ヶ月 内科全般に欠かすことの出来ない画像検査、画像診断の基礎を学ぶ。また、各種インターベンションについて理解を深める。
救急
(外来or病棟)
3ヶ月 救急外来は救急外来のローテーションに加わり、1次から3次救急まで対応できる基本的な知識と技術を身につける。患者や家族の不安等に配慮した診療ができるようにする。救急病棟は救急疾患を中心に総合内科的診療能力を養う。
地域、老人医療
(院外研修)
3ヶ月 内科診療をする上で今後さらに重要となる老人医療(特に老人の終末医療)を真剣に考え、実践をもって体験する。
また、地域医療について診療所研修を通し理解を深める。
(例)沖縄県アカペ会若松病院、附属ファミリークリニック
選択 3ヶ月 選択は内科に限らず、あらゆる診療科を選択できる。また、将来専攻希望科を選択することもできる。
A 外来業務

1.卒業後3年目は処方外来、フリー外来、健診センターを担当し、外来業務の手順を学ぶとともに、指導医に相談をしながら、急性疾患の診療ができる。
2卒業後4年目は初診補助、糖尿病、一般外来を担当し、指導医の指導のもと、初診患者のマネージメントと慢性疾患の長期外来管理を学ぶ。
3救急外来は日当直もしくは救急外来ローテーションの主力医師として、指導医の指導のもとプライマリーケアから3次救急に至るまで広範な救急診療に対応できる能力を修得する。

B 病棟業務

1副主治医として、主治医、その他の指導医のもと、患者の診療に当る。(受け持ち患者数は約10人)
2各病棟、その他のカンファレンスに参加し、プレゼンテーションを行い適確な指導医のアドバイスを受ける。
3初期研修医の上級医として、指導医とともに研修医の指導に当る。

C 検査業務

1消化器領域:
上部消化管内視鏡検査、注腸検査、上部消化管造影検査、腹部超音波検査の基本的知識を学び、指導医のもと基本的手技を修得し、診断能力を養う。下部消化管内視鏡検査では手技および検査の結果を理解する。
2呼吸器領域:
気管支鏡検査の基本的知識を理解し、基本的操作を修得する。
3循環器領域:
心臓カテーテル検査の助手として、スワンガンツカテーテル検査を指導医の指導のもとに施行し、検査結果を理解する。心臓超音波、ホルター心電図、トレッドミル負荷心電図の検査結果を理解する。
4神経内科領域:
髄液穿刺ができるようになる。神経伝導速度、筋電図、脳波、頚動脈エコーなどの検査結果を指導医の指導のもと理解する。

D 学術活動など

1学会関係:
内科学会地方会、各専門学会地方会等で演者として、2年間で最低2回発表を行い、筆頭論文1編を執筆することを目標とする。
22年間で最低2例の病理解剖を経験する。