診療部のご案内

各診療科専門領域のご紹介

総合診療科
写真 泉学 主任診療科長
泉   学
●感染症診療
●重症病態全身管理
●予防接種
●重複疾患の管理
上記の他、幅広く対応しております。
総合内科
写真 荒井邦彦 主任診療科長
荒井 邦彦
●初診トリアージ
●不明熱
●感染症
●HIV/AIDS
循環器内科
写真 上野耕嗣 主任診療科長 
上野 耕嗣
●心不全
●弁膜症
●虚血性心疾患
●不整脈
●先天性心疾患
神経内科
写真 冨保和宏 主任診療科長 
冨保 和宏
●脳卒中
●認知症(アルツハイマー病・びまん性レビー小体病・前頭側頭型認知症など)
●神経難病(パーキンソン病・重症筋無力症・筋萎縮性側索硬化症など)
●てんかん
●リハビリテーション
上記以外にも幅広く神経疾患に対応させて頂きます。
筋電図・脳波・平衡機能検査などの生理機能検査等もご相談頂きたいと思います。
呼吸器内科
写真 仲地一郎 主任診療科長 
仲地 一郎
●肺癌
●肺炎・胸膜炎
●間質性肺炎
●気管支喘息
●慢性閉塞性肺疾患
●その他
消化器内科
写真 田原利行 主任診療科長 
田原 利行
●ウィルス性肝炎(C型・B型)
●炎症性腸疾患
●肝硬変
●肝細胞癌
上記以外も幅広く対応しています。
腎臓内科
写真 大久保泰宏 主任診療科長 
大久保 泰宏
●腎臓検診異常の精査
●慢性腎臓病の治療方針決定
●ネフローゼ症候群
●急性・慢性腎不全
●透析導入
糖尿病・内分泌内科
写真 友常健 主任診療科長 
友常 健
●糖尿病:1型糖尿病、2型糖尿病、二次性糖尿病など
●内分泌疾患:甲状腺、副甲状腺、下垂体、副腎、骨粗鬆症など
 ※トランジッション(移行期医療)も受け入れ可能です
  (特別外来はありません)
●妊娠中・産後の管理:1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、内分泌疾患
●特殊外来:療養支援外(看護外来)、透析予防外来(腎症外来)、外来糖尿病教室
●栄養指導:エネルギー制限食指導、カーボカウント指導(基礎、応用)
●特殊検査:24時間持続グルコース測定(CGM)、インスリンポンプ療法(CSⅡ)、SAP療法、各種サンプリング(副腎、下垂体、副甲状腺、SACIなど)、各種負荷試験など
血液・リウマチ科
写真 増田義洋 主任診療科長 
増田 義洋
●造血器腫瘍
●造血障害
●出血傾向
●自己免疫性血球減少症
化学療法科
写真 行澤斉悟 主任診療科長 
行澤 斉悟
●消化器がんの化学療法(食道がん、胃がん、膵がん、胆道がん、大腸がん)
がん診療には、職種、専門領域を横断したチーム、総合力が必要です。各診療科と連携を取りながら、外来化学療法を中心に取り組んでいます。 
小児科
写真 高橋努 主任診療科長 
高橋 努
●小児科全般
●先天性心疾患(先天性心疾患センターとして、心臓血管外科と手術やカテーテルアブレーション等の連携が良好です)
●川崎病
●てんかん
●新生児(在胎28週から受け入れています、2018年から低体温療法を導入しています)
●子ども虐待(虐待対策委員会でチームで取り組んでいます)
●乳児の血管腫の内服治療を開始予定です。(皮膚科、形成外科と協力しながら診療しております。)
外科
写真 篠崎浩治 主任診療科長 
篠崎 浩治
【専門領域】消化器外科・乳腺外科
【特長】
●良性疾患から悪性疾患まで、消化器疾患を中心に幅広く診療
●内視鏡診断から内視鏡治療、手術治療まで一貫して総合的に診療
●腹部外科救急疾患には、全例に責任を持って対応
●悪性疾患では、食道癌・胃癌・大腸癌等、良性疾患では、胆石症・鼠径ヘルニア等に内視鏡外科を施行
呼吸器外科
写真 田島敦志 主任診療科長 
田島 敦志
●肺癌
●気胸
●縦隔腫瘍、胸腺腫
●胸壁腫瘍
●胸部外傷
整形外科
写真 岩部昌平 主任診療科長 
岩部 昌平
●脊椎・脊髄外科:専門医が対応します。
●関節外科:加齢性障害、スポーツ傷害など多彩な障害に対応します。
●人工関節:すべての四肢関節に対応します。感染例、再置換等の難治例の治療も行っています。
●手外科:専門医が対応します。
●外傷・骨折:他科と連携し多発外傷に対応します。変形治癒、偽関節、感染など難治性骨折にも対応します。
●原発腫瘍・転移性腫瘍:他科、多施設と連携し対応します。
形成外科
写真 谷裕美子 主任診療科長 
谷 裕美子
主に、体表面の形態や機能異常を治療する科です。
●外傷(熱傷、軟部組織損傷、顔面骨骨折など)
●体表の先天異常(副耳、合多指症など)
●腫瘍(皮膚・皮下腫瘍、良性軟部腫瘍など)
●形態再建(乳房再建など)
●その他(眼瞼下垂、ケロイドなど)
脳神経外科
写真 中務正志 主任診療科長 
中務 正志
●脳血管障害手術(脳動脈瘤・能動静脈奇形・動脈狭窄など)
●脳腫瘍手術(頭蓋底、脳室内など高難度腫瘍も含む)
●脳血管内治療(脳動脈瘤・頸動脈狭窄など)
●神経内視鏡手術(下垂体腫瘍・水頭症など)
●急性脳梗塞に対する血栓回収療法
●悪性脳腫瘍に対する化学療法
心臓血管外科
写真 橋詰賢一 主任診療科長 
橋詰 賢一
●大動脈瘤に対するステントグラフト治療
●急性大動脈解離への開胸及び ステントグラフトを用いたハイブリッド治療
●放射線科と連携しIVRで末梢血管の治療
●右腋窩小切開による大動脈弁置換術
●僧帽弁形成術
●先天性心疾患も慶應大学等と連携し手術可能
耳鼻咽喉科
写真 新田清一 主任診療科長 
新田 清一
●耳科手術(鼓室形成術、人工内耳手術、アブミ骨手術など)
●聴覚医療(補聴器、人工内耳、小児難聴、耳鳴など)
●頭頸部腫瘍(手術、放射線治療、化学療法など)
産婦人科
イメージ図 医師 副院長
(兼)主任診療科長
飯田 俊彦
●内視鏡手術(腹腔鏡、子宮鏡)
●不妊治療(体外受精含む)
●悪性腫瘍治療
●オーダーメイド分娩(自然分娩・和痛分娩 など)
眼科
写真 松原忠之 主任診療科長
松原 忠之
●糖尿病網膜症
●ぶどう膜炎
●白内障
●網膜硝子体疾患
●緑内障
皮膚科
写真 横倉英人 主任診療科長
横倉 英人
●皮膚癌
●皮膚良性腫瘍
●アトピー性皮フ炎
●乾癬
●皮膚感染症
病理診断科
写真 西川秋佳 主任診療科長
西川 秋佳
●腫瘍病理
●環境病理
●毒性病理
泌尿器科
写真 戸邉豊総 主任診療科長 
戸邉 豊総
●泌尿器癌(腎癌・膀胱癌・前立腺癌・精巣癌)の集学的治療(手術・化学療法・放射線療法)
●副腎腫瘍手術(腹腔鏡手術)
●尿路結石治療(内視鏡レーザー手術、体外衝撃波破砕術)
●尿路性器外傷
●前立腺癌に対するロボット支援手術(ダビンチ)
放射線科
写真 谷村慶一 主任診療科長 
谷村 慶一
【診断】
●画像診断(CT、MRI、RI、PET-CT、Xpなど)
●IVR(外傷、消化管出血など出血、腫瘍の塞栓、透析シャント、末梢血管、生検やドレナージなど幅広く対応しています)
写真 柴山千秋 診療科長 
柴山 千秋
【治療】
●放射線治療全般
・根治治療から緩和治療まで、年齢・心身の状態・社会的背景・ご本人ご家族の希望を考慮した治療を行っています。
・骨転移等によるがん性疼痛の多くに放射線治療は有効です。がんによる出血や狭窄症状等の改善にも効果があります。
放射線治療の適応についてのご質問にも対応しておりますので、地域連携課を介してご連絡ください。
・近年の緩和的放射線治療は以前より治療期間も短くなっており通院の負担も減っています。通院が困難な方の場合には、治療期間のみ緩和ケア病棟に入院して放射線治療を受けることも可能です。ぜひご相談下さい。
緩和ケア科
写真 粕田晴之 主任診療科長 
粕田 晴之
●がん性疼痛の薬物療法
●ペインクリニック(痛みの診断と治療)
●神経ブロック
●麻酔・救急蘇生
●東洋医学・漢方治療
●緩和ケア地域連携
救急・集中治療科
写真 加瀬建一 救命救急センター長
(兼)主任診療科長
加瀬 建一
●救急医療
●集中医療
●災害医療
当科では3次救命救急センターとしてERとICUで専門専従医が24時間体制で救命・蘇生・安定化の高度救急医療を実践しています。
写真 阿野正樹 主任診療科長
阿野 正樹
写真 藤井公一 主任診療科長代理
藤井 公一
超音波診断科
写真 川井夫規子 主任診療科長 
川井 夫規子
●超音波診断全般
 ・腹部(肝・胆・膵・脾・腎・消化管・泌尿生殖器)
 ・表在(乳腺・甲状腺・血管・軟部組織)
 ・心臓
 ・造影超音波(肝臓・乳腺)
●超音波ガイド下処置
 ・吸引細胞診(乳腺・甲状腺)
 ・針生検(乳腺)
健診診療科
写真 福田実 主任診療科長 
福田 実
 
リハビリテーション科
写真 鈴木禎 主任診療科長 
鈴木 禎
 
麻酔科
写真 植野正之 主任診療科長 
植野 正之
 
精神科
イメージ図 医師 主任診療科長 
佐藤 耕一
 
歯科(口腔ケア)
    ●口腔機能管理
主に周術期および化学療法、放射線療法を行う当院入院患者さんを対象に、口腔ケアに特化した診療を 行っております。その他入院中の患者さんの義歯調整、抜歯など依頼に応じて随時対応しております。 宇都宮市歯科医師会からの協力のもと診療を行っております。