健診センターのご案内

乳がんドックのご案内

乳がんは女性の壮年層がん死亡原因のトップです。
乳がんは、人間ドックなどで発見される女性のがんの中で最も多いがんで、年間約4万人の方が発病し、1万人の方が亡くなっています。

グラフ 「地域がん登録」研究班による全国推計値一生の間に乳がんになる確率(生涯罹患率)は、6-7%といわれており、約16人に1人が乳がんになる計算になります。
乳がんは他のがんと異なり、30歳代から増加しはじめ、45歳から50歳代の 比較的若い世代に多いことが特徴です。近年、乳がんは急増傾向にありますが、これは食生活やライフスタイル の変化が影響しているといわれて います。
また、乳がんは女性の壮年層(30 ~64歳)のがん死亡原因のトップと なっているにもかかわらず、あまり 一般の方には知られていないのも 事実です。

 


30歳を過ぎたら、マンモグラフィと乳房超音波検査による乳がん検診を受け、早期発見することが大切です。

乳がんは、他のがんと比べて比較的進行が緩やかですが、しこりが発見された時には既にある程度進行した状態であることが多く、またしこりができない乳がんもあるので注意が必要です。
乳がんの発生には、女性ホルモン(エストロゲン)と深い関係があり、エストロゲンの体内レベルが高い期間が長く続くと、乳がんになりやすいといわれています。

このような方にお勧めします。
・家族に乳がんになった方がいる       ・閉経が55歳以上だった
・初潮が11歳以下だった                   ・初産年齢が30歳以上だった
・出産や授乳の経験がない
・肥満である(脂肪組織はエストロゲンを作る工場に例えられます)
・不妊治療やHRT(ホルモン補充療法)などを受けたことがある

料金

10,800円(税800円含)

検査項目

問診、マンモグラフィ、乳房超音波検査

ご予約方法

電話にてお申し込みください。
予約専用電話 028-643-4441
 ※ご予約は、月~金曜日の13:00~17:00の間にお願いいたします。