作業療法課

作業療法課のご紹介

作業療法士 7名

特徴
  • 急性期の作業療法実施
  • 総合病院であり様々な疾患について勉強出来る
  • 地域基幹病院としての役割
  • がん拠点病院としてがんリハビリテーション実施(緩和ケアチームへ一部介入)
  • パス導入による計画的な入院治療、退院指導実施
  • 院内デイケア(せん妄・認知症ケアチームとしての関わり)
  • 在宅支援や訪問リハビリとの連携
  • ケーススタディや伝達講習会の開催
日常業務

・電子カルテ
  情報収集、リハビリ実施記録
  患者スケジュール管理 
  転院サマリーの作成 など
・せん妄・認知症ケアチーム
・院内研修やリハビリ合同勉強会
・病棟カンファレンス

作業療法課施設紹介
作業療法室

作業療法室は窓が多く、外の景色も良く見えます。理学療法室と隣接していて連携が図りやすくなっています。写真 作業療法室

写真 入浴動作訓練浴槽

作業療法室内に設置された浴槽で模擬動作を行ったり自助具の使い方を練習したりしています。

写真 調理台


作業療法室内に置かれた調理台で調理体験。
釘つきまな板を使って野菜を切ったり、お皿を洗う練習をしています。

写真 調理体験       写真 調理体験で作った煮物

屋外施設

写真 屋外施設2

作業療法室から、直接外に出られます。
太陽の光・温度・風・樹木や芝の香り・車の音など
すべてが刺激になります。
スロープや階段、砂地やじゃり道など
様々な練習に使います。

写真 屋外施設1   写真 屋外施設3

早期運動療法室

病棟内に併設されていて、離床して間もない対象者や高次能機能評価等で使用します。

写真 早期運動療法室1   写真 早期運動療法室2

研修実績
栃木県作業療法学会

・ 一般演題:HDS-Rと転帰についての検討
・事例検討報告:うつ症状から意欲改善に繋がった症例

全国済生会学会

・腱板損傷に対してのリハビリプロトコール作成
・頸部郭清術に対しての介入と評価用紙作成
・急性期脳梗塞患者に対する早期介入について

写真 ポスター発表1  写真 ポスター発表2  写真 口述発表