看護部のご案内

部署紹介:1階◆化学療法センター

部署紹介

2017年度9月、外来化学療法室より化学療法センターに名称を変更し、リニューアルオープンしました。病床数は30床(ベッド20床、リクライニングチェアー10床)で、外来通院でのがん化学療法を行っています。がん化学療法は副作用の強い治療であり、安全性を確保するため専門的知識・技術を習得した、がん化学療法看護認定看護師や抗がん剤静脈注射院内認定ナースが勤務配置となっています。さらに、安全かつ確実に投与管理を行い、患者さんに少しでも安楽に治療を継続いただけるよう、医師、看護師、薬剤師、その他の職種が連携したチーム医療に取り組んでいます。

勤務時間
  夜勤 日勤
勤務時間 なし          8:30~17:30(休憩60分)
拘束勤務 なし

 

業務内容紹介
日勤(8:30~17:30)
時間業務内容
8:30 カンファレンス 化学療法を安全に実施できるよう、ペアリングの看護師とともに、予定患者さんの治療計画、投与スケジュール、副作用症状などの情報を共有します。リーダー看護師、メンバー、薬剤師とも情報共有します。
8:45 ミーティング 院内のお知らせ、連絡事項などの伝達をします。ツールボックスミーティングを行い、各種マニュアルの手順、医療安全情報をはじめ、安全確認をします。
9:00 化学療法投与管理 ミキシングルームから払い出された調整後の薬剤を準備します。がん化学療法看護認定看護師または抗がん剤静脈注射院内認定ナースが血管確保を行い、化学療法薬の投与を開始します。投与中は血管外漏出をはじめ、症状の変化の観察を行います。また、患者さんの副作用症状に応じたケア方法を患者さんと共に検討し、セルフケア支援を行います。患者さんの退出後、随時、片付け・環境整備を行い、次にベッドを使用する患者さんに備えます。
12:00 休憩 交代で休憩をとります。
16:00 翌日の準備 翌日の予定患者さんの治療計画、投与スケジュール、副作用症状などの情報を確認します。
16:30 環境整備 医療機器や物品・薬品などを点検・補充します。ウィッグなどの副作用対策に関連したケア用品の整理整頓、パンフレットの補充を行います。
17:00 カンファレンス 患者さんの治療・看護について、身体的・精神的・社会的を含めてカンファレンスを行います。対象患者さんに応じて、他職種、他部署のスタッフとのカンファレンスも行っています。
17:30 終業