看護部のご案内

部署紹介:4階北病棟◆

イメージ図 4階北病棟

部署紹介

私たちの病棟は早産児・先天性心疾患、その他の入院治療が必要な赤ちゃんを対象にケアをしています。
小さな赤ちゃんたちが安全・安楽に治療を受けられるサポートと、発達を促進するケア(ディベロップメンタルケア)を行っています。スタッフは赤ちゃんたちにたくさん愛情を注ぎ、時にはしっかり議論することもあり、穏やかで熱気のある病棟です。

  夜勤 日勤
勤務時間 16時間夜勤 17:00~翌9:00(休憩90分)          8:30~17:30(休憩60分)
13時間夜勤 20:00~翌9:00(休憩90分)          8:30~17:30(休憩60分)
 遅日勤     11:30~20:30(休憩60分)
 ロング日勤   8:30~20:30(休憩90分)
拘束勤務 なし

 

業務内容紹介




日勤(8:30~17:30)
時間業務内容
8:30 申し送り 夜勤スタッフから日勤スタッフに夜間の状況を報告します。
自部署以外に産科の状況も把握します。
8:45 ウォーキング
カンファレンス
看護師2人がペアとなり、赤ちゃんのもとで環境や看護ケアについて話し合い、看護計画を立てます。
10:00 清潔ケア
体重測定
赤ちゃんのペースに合わせた時間で沐浴や清潔ケアを行います。
毎日測定する体重は、育児ノートに記載しご家族と一緒に成長を見守ります。
12:00 授乳 写真 授乳3時間ごとに授乳を介助します。
個別性に合わせた方法で授乳をします。
赤ちゃんの飲みたいタイミングを見極めることが私たちプロのテクニックです。
12:30 休憩 交代で休憩を取ります。
15:00 面会 お母さんは24時間面会できますが、その他のご家族は15時に面会になります。
赤ちゃんの兄弟も面会できます。
16:00 看護記録
申し送り
ベッドサイドで赤ちゃんの様子を見ながら、電子カルテに看護記録を入力します。
赤ちゃんの状態で必要なことを遅日勤の看護師に申し送ります。
17:00 カンファレンス 写真 カンファレンス医師・看護師など多職種チームで情報を共有し、赤ちゃんとご家族にとって最善の治療・看護・支援を話しあいます。
17:30 終業  

 

遅日勤(11:30~20:30)
時間業務内容
11:30 申し送り 日勤スタッフから午前中の赤ちゃんの状態について申し送りを受けます。
赤ちゃんの状態に合わせ、日々治療内容や指示内容が変わるのでしっかり確認します。
12:00 授乳 9時からミルクが増えることが多いので、きちんと消化できているかを確認しながら授乳します。
15:00 面会 面会は15時から17時と18時から20時の2回に分けて行っています。
ご家族が育児をしたり、赤ちゃんの一日の様子を看護師がお母さんに伝えます。
15:30 育児指導 赤ちゃんとの愛情を確かめ合う「タッチケア」や沐浴の練習など、退院に向けてご家族の育児サポートをします。
16:00 休憩 交代で休憩を取ります。
18:00 内服指導 退院後もお薬が必要な赤ちゃんのご家族に、お薬を飲ませる練習を一緒に行っていきます。
19:00 看護記録 ベッドサイドで赤ちゃんの様子を見ながら、電子カルテに看護記録を入力します。いつも赤ちゃんのそばで見守り、赤ちゃんのサインを見つけるためです。
20:00 申し送り 夜勤スタッフに日勤の状況を申し送ります。
20:30 終業  

 

13時間夜勤(20:00~9:00)
時間業務内容
20:30 申し送り 日勤・遅番スタッフから日中の赤ちゃんの状態について申し送りを受けます。
お母さんへの育児サポート状況などを引き継ぎし、サポートを継続します。
21:00 授乳 お母さんが面会に来られない時は、看護師がお母さんの代わりになって授乳をします。
22:00 検温 バイタルサイン以外にも赤ちゃんのストレスサインも確認しています。
0:00 授乳 お母さんは3時間ごとに授乳しにいらっしゃいます。
私たちもそのサポートを行います。
6:00 検温 この検温で夜間の状況をアセスメントします。
ミルクを増やせそうか、呼吸は楽かなど、赤ちゃんの代弁者になります。
7:00 採血 看護師は赤ちゃんのかかとから採取します。
医師は静脈から採血するので看護師は赤ちゃんの痛みのケアを行います。
8:00 診察介助 医師が回診をします。
看護師は赤ちゃんに負担がかからないように介助します。
8:30 申し送り 日勤スタッフに夜間の状況を申し送ります。
9:00 終業