img top

EM-1

U-CCETT

U-CCETT(ユーセット)-Utsunomiya Critical Care & ECMO Transport Teamとは、重症患者(CriticalCare)やECMO(人工心肺装置)装着患者の搬送チームの略称です。重症患者やECMO装着患者の管理・搬送は、非常に高度な知識と技術を要します。集中治療領域の技量に長けていることはもちろんのこと、病院外での病院前診療能力も必要となります。また、安全な医療を実現するためには、医師以外にも、看護師や臨床工学技士の力も必要不可欠です。さまざまな領域のスペシャリストを擁する当救命救急センターでは、下記のドクターカーを用いて、重症患者搬送を安全に行うシステムとチームを構築しました。

img top 01 img top 01 img top 01 img top 01

DoctorCar(ドクターカー)は、医師と看護師を現場もしくは搬送途上の救急車へ運び、早期の医療介入を目的としています。国内のほとんどのドクターカーは、普通乗用車を用いたラピッドレスポンスカーシステムをとっており、機動力及び医師・看護師を運ぶことに優れていました。当院のドクターカーは、ワーキングステーションタイプのドクターカーで、救急車より大型の車両を使用しており、患者さんの搬送に加え、様々な処置も安全に行うことが出来ます。病院到着前に重症外傷に対する手術、心肺停止患者に対するECMO導入を可能とし、これまで救命しえなかった命の救命を可能とします。

Doctor car

EM-2

Works

医師・看護師・臨床工学技士からなるU-CCETTが、病院前救急診療および重症患者の搬送、ECMO装着患者の搬送を一括して行います。救急医療と集中治療医療の両方を担う、救命救急センターだからこそ成しえる、従来のドクターカー業務の枠を越えた、移動型救命救急センターの概念をドクターカーシステムに取り入れた、新しい形のドクターカー事業に取り組んでいきます。自施設への患者搬送のみならず、他院間の搬送や、県境をまたぐ長距離の重症患者搬送も、当該施設に惜しみなく協力していきます。栃木県民の医療充実はもちろん、日本の重症患者搬送システム構築の先駆けになると自負しております。

Doctor Car Work1Doctor Car Work2
  • 2019年度実績
  • 救急外来受診患者数16,210人
  • 救急車搬送7,392件
  • 救急入院患者数4,924人
  • ECMO件数71件

Data

EM-3

Our team

Our team
  • 小倉崇以医師
  • 小倉 崇以
  • 救命救急センター長
  • 救急・集中治療科 
    主任診療科長
  •  
  • 萩原祥弘医師
  • 萩原 祥弘
  • 救命救急センター
    副センター長(ICU)
  • ECMOセンター長
  •  
  •  
  • 藤田健亮医師
  • 藤田 健亮
  • ドクターカー担当官
  •  
  •  
  •  

EM-お問い合わせ

当センターの取り組みに共感いただける方からのエントリーをお待ちしております。

Entry