固定チーム制一部受け持ち看護方式 《ペアリング体制方式》の看護方式とは?

当院は、一つの看護単位をいくつかのチームに分け、一定期間そのチームを中心に24時間継続して看護を行う<固定式チームナーシング>と、一人の受持ち看護師が入院から退院までの看護に責任を持つ<受持ち看護方式>を組み合わせたものに加えて、各チームで日々のメンバーが2人1組となり患者を受け持つペアリング体制方式の看護方式を取り入れています。

イメージ図 日々のペアリング体制方式 組織図
イメージ図 ペアリング体制方式とは?

看護の個別性・継続性を重視しながら、看護師個々の責任感・専門性・満足度を向上させるとともに、看護の安全性・効率性・機能性を高め、質の高い看護の提供を目指しています。