ご挨拶


 

 

 この度、栃木県済生会宇都宮病院は創立80周年を迎えます。 第二次世界大戦の戦中に発足し、激動の歴史のなか多くの困難を乗り越え、地域の住民の信頼を得て公的医療機関としての使命・役割を果たしてくることができました。多方面にわたりご支援をいただきました県市行政当局、県市医師会、各大学および県内医療機関、全国済生会諸施設、その他関係各位、信頼をいただいた患者さんに対し厚く御礼を申し上げます。
 昭和17年に仮診療所が開設され歴史が始まり、昭和23年旧病院本館が建築されて以降増築を繰り返し、昭和32年総合病院に指定され、昭和56年救命救急センターの受託運営が始まり、平成8年現在地に新築移転して早くも26年が過ぎました。この間「地域の皆さまに信頼され貢献できる急性期病院」を目指し、近年は高度で低侵襲の最新医療を提供してまいりました。
 当院の理念である「思いやりのある安全で質の高い医療を提供し地域社会に貢献します」のもと、なお一層の努力をして参る所存ですので、今後とも皆さま方のご支援、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 

 

 

周年ロゴマーク


 

 

img top

 

 周年ロゴマークは、①「ハート」を両手でやさしく包み込むことで当院の理念である「思いやり」を、②済生会のシンボルマーク「なでしこマーク」を配すことで地域と共に歩み続けている当院の姿を、「80」をモチーフに温かみのあるデザインで表現しています。

 

 

 

コンセプトコピー


 

 

img top

 

 

 

ポスター


 

 

img top

 

 

 

History(後日公開)