• 100年続く救命医療のバトン
  • 信頼する仲間と
  • 地域医療の明日を創る
Scroll

栃木県救命救急センターとは

地域の救急医療最後の砦、
セーフティネット
救急医療、集中治療の
スペシャリスト輩出の基盤
日本の名だたる
救命救急センターのひとつです

 

 

 

 

センター長挨拶

“一流”とは何か?
 
それは“世の中を良くしようと自発的に挑戦して
行動する者の精神”だと思います。
 
栃木県救命救急センターは、
一流を目指し、一流であり続けるため、
日々の努力を重ねていこうと思います。

救命救急センター長
小倉 崇以

 

 

救命救急の担い手になる

最善を尽くす精神力を持つ方

・いつ来るかわからない救急搬送に対し、日々鍛錬し積み重ねを続けられる

・シフト制という有効な生活リズムを生かしたい

・緊迫したプレッシャーに打ち勝てる精神力を養いたい

先を読む力決断力を伸ばしたい方

リーダーシップコミュニケーション能力を養いたい方

最前線を突き進みたい

 

 

 

 

救命救急センターの先輩方

木村医師

ERと病棟を中心にICUと連携して救急外来から退院まで支援する業務、重症の患者さんを他院から他院、他院から当院へ搬送する業務に従事しています。
ICU・ERまたプレホスピタルなど多くを学びたくて済生会宇都宮病院を選択しました。重症や瀕死の患者さんを仲間と一緒にサポートすることに非常にやりがいを感じており、業務を通じて良い医療を皆さんに提供し、またしっかりと経験を積んでいきたいと思っております。
そして後輩に教育する側となり、救急医療を強化するような取り組みも行っていきたいと思っております。

 

山田医師

救急・集中治療科3年目になります。当院に赴任するきっかけは、大学部活の先輩である小倉先生(センター長)の存在があります。学生のときから懇意にしていただき、将来一緒に働こうと誘っていただきました。
(後輩である)初期研修医と治療方針などについて教育も兼ねディスカッションする毎日です。プレホスピタル・ER・病棟・ICUと専門性の高い症例、その他の重症な患者さんを入院から退院まで診ることができ経験を積めることは幸せだと思っています。当院で学んでいることをしっかり還元できるような医師になりたいと思っています。

 

 

 

 

北関東有数の救命救急センター

北関東有数の救急センター

救急外来受診患者数(2019年)

16,211

救急車搬送(2019年)

7,392

救急入院患者数(2019年)

5,360

ECMO件数(2021年)

93

 

 

 

地域の、この街の、そして家族のために
「ぼくの、わたしの、誇らしい、パパ、ママ」
 ワークライフバランスを重視しています

 

 

 

 

医師、看護師、臨床工学技士、救急救命士、さまざまな領域のスペシャリスト
更なる向上の場がここにあります

 

 

 

 

エントリーからの流れ

use step

活動、お知らせ、Q&A

当センターの取り組みに共感いただける方からの
エントリーをお待ちしております

Our team