病院について

院長からのご挨拶

写真 院長 小林健二院長 小林 健二
当院は昭和17年に宇都宮市で開院、以来徐々に規模を拡大し、昭和56年に栃木県救命救急センターを受託、平成8年に現在の地に644床の急性期病院として移転しました。社会福祉法人である済生会として、医療に恵まれない人々のために無料低額診療、生活困窮者支援事業のほか、性暴力被害者サポートセンター、病児保育事業などの福祉活動にも注力して参りました。

当院は救急医療と高度医療を中核事業としており、救命救急センター、地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、基幹災害拠点病院、地域周産期母子医療センターなどの指定をうけており、様々な分野で地域中核病院としての役割を果たしています。また健診部門において健康管理の促進や、最先端のドックや健診後のサポートなどを充実させ予防医療に力を入れています。
急性期病院としての機能を維持するためには、外来ではより専門的な治療を要する方々に、入院では重症救急疾患や集中的な治療を要する方々により多く利用していただくことが重要な役割だと考えております。平成30年8月にICU18床が完成、平成31年1月に手術室を拡張し大動脈ステント治療や経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)が行えるハイブリッド手術室、ダヴィンチ手術を行うロボット支援手術室を設けました。さらに令和元年度には救急医を増員し救急・集中治療の充実に尽力しています。平成29年8月に完成した南館には、入院サポートセンター、外来化学療法室、口腔ケア室を設置しました。これらの事業により外来受診、入院、退院において、地域の「かかりつけ医」の先生や、周囲病院との連携を重視していくとともに、退院支援にも力を注いでいます。

私たちが最も大切にしていることは「安全で満足度の高い医療を提供すること」であり、技術面、コミュニケーション、療養環境などあらゆる視点から医療の質を高める努力をしていきたいと考えています。患者さんから信頼され、選ばれる病院を目指して全職員が一丸となって努力する所存ですので、何卒宜しくお願いいたします。