平成28年度

社会福祉法人恩賜財団済生会支部栃木県済生会 済生会宇都宮病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数    1,547     337     442     924    1,160    1,342    3,182    3,609    2,299     337
【集計方法と定義】
 ◇2016年度(H28年)に退院された患者さんの年齢を、階級別(10歳刻み)に集計しています。
 ◇年齢は入院時の満年齢です。
 ◇入院後24時間以内に死亡された患者さん、交通事故等による保険外診療(自費)の患者さん、緩和ケア病棟のみ入院された患者さんは集計対象外としています。

【解説】
 当院は母子医療センターおよびバースセンターの運営など、産科、小児科の診療も行っている関係から、新生児からご高齢の方まで幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。10歳刻みの年齢階級別にみると、60歳以上の割合が全体の62.11%と半数以上を占め、その中でも比較的ご高齢の70歳以上が41.14%を占めています。50歳代以下では、10歳未満の0歳代が全体の10.19%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110310xx99xx0x 腎盂腎炎・尿路感染症      41    11.54    12.43     7.32    67.49  
161070xxxxx00x 薬物中毒      28     2.68     3.64     3.57    39.93  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上)      27    14.89    19.24    18.52    71.93  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎       22    22.00    21.25    31.82    80.73  
080011xx99xxxx 蜂窩織炎(蜂巣炎)      19    14.05    11.97     5.26    74.26  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 内科は、さまざまな専門診療科と緊密な連携を取りながら感染症の診療を中心にあたっています。当科での入院患者数は、尿路感染症が最多でした。背景には、平均年齢が67歳を超えている事からも分かるように、高齢化が進んでいることが伺えます。男性であれば、前立腺による排尿障害が顕著になったり、女性でも日常活動が低下し、腹圧がかかりにくくなることなどで誘発されやすい状態になっていると思われます。また、基礎疾患に糖尿病などがあれば、さらに”易感染性”といって、バイ菌に負けやすい傾向も顕著になります。
 次に多いのは、急性薬物中毒です。事故による突発的なものから自殺目的の意図的な大量内服などがこれに含まれます。他の病院であれば、救急診療科が治療を受け持つところが多い疾患ではあると思いますが、当院では内科で診ています。心理的問題を抱えている方が大部分を占めるため、身体的治療と並行して、精神科の先生と連携を取って対応をしております。平均年齢は先程と変わり、40歳くらいになりますが、決して若年層だけの問題ではないことが見て取れます。人工呼吸器など集中的な全身管理を要することも少なくありません。
 肺炎は、呼吸器内科とも連携しながら治療にあたっておりますが、敗血症性のショックや他の重複疾患など全身管理が必要になる場合など、集中治療科と協力して診療にあたっています。特に高齢者などは、単一疾患だけではなく、免疫機能が低下している場合などは、一気に重症化することもあり、いわゆる全身管理が必要になる場合も多く見られます。往々にして、意識がわるい状態で会話も出来ないことも多く、診断及び原因検索に難渋することもあります。
神経内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x2990301 脳梗塞(発症3日目以内かつJCS10未満) SPECTあり     114    17.15    18.98    16.67    69.69  
010230xx99x00x てんかん      35     8.57     7.12     2.86    61.00  
010060x2990311 脳梗塞(発症3日目以内かつJCS10未満) SPECTあり 肺炎などの合併症あり      34    19.09    21.17    29.41    72.56  
010040x099x00x 脳出血(JCS10未満)      27    22.63    19.35    40.74    60.26  
010040x199x00x 脳出血(JCS10未満)       21    27.05    22.05    52.38    69.24  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。
 
【解説】
 神経内科は神経疾患全般を対象にしていますが、栃木県では脳卒中の発症数が多く、当院は脳卒中(脳出血、脳梗塞、一過性脳虚血発作)の診断、治療に特に力を注いでいます。
 患者数別にみると、最も多いのは、JCS10(注1*)未満かつRS(注2*)0、1および2の発症から3日目以内の脳梗塞に対してSPECT(単一光子放射線型コンピューター断層撮影)装置を使用し適切に脳梗塞治療を行う患者さんです。
 2番目に多いのは、てんかんの患者さんです。てんかんの原因には、脳血管障害や脳外傷などがありますが、繰り返し発作をおこすことも多く、長期間の薬物による治療を行う必要があります。薬物による治療を中止したときに、てんかん重積状態(発作がある程度の長さ以上に続くか、または、短い発作でも繰り返し、その間の意識がないもの)を生じる場合も多いので、退院後も継続して内服治療する必要があります。
 3番目に多いのは、最も多い患者さんと同じ治療を行う脳梗塞の患者さんですが、肺炎や誤嚥性肺炎、尿路感染症などの合併症を発症した患者さんです。
 4番目に多いのは、JCS10未満の脳出血の患者さん、5番目に多いのは、JCS10以上の脳出血の患者さんです。脳出血の原因には、高血圧性や外傷、脳腫瘍、脳動脈瘤、脳動静脈奇形の破裂などがあります。高血圧性によるものが60%を占め、50~60歳代に好発することから、平均年齢も60.26歳、69.24歳となっています。症状は出血部位によりことなりますが、一般的には頭痛、嘔吐、気分不快などを訴え、半身の運動麻痺や感覚障害、言語障害、失語症などをきたします。重症の場合には、意識状態が急速に悪化し、救命が困難になることもあります。脳梗塞と同様に後遺症を少なくするため、すぐに適切な高圧治療を開始しますが、麻痺などの重篤な神経症状が残る場合も多く、退院後も継続してリハビリをする必要があります。

 注1* JCS(Japan Coma Scale:意識障害のレベル)  ※0:意識障害なし
       ■Ⅲ群:刺激しても覚醒しない
        300:まったく動かない
        200:手足を少し動かしたり顔をしかめたりする(除脳硬直を含む)
        100:払いのける動作をする
       ■Ⅱ群:刺激すると覚醒する
         30:かろうじて開眼する
         20:痛み刺激で開眼する
         10:呼びかけで容易に開眼する
       ■Ⅰ群:覚醒している
          3:名前、生年月日が言えない
          2:見当識障害あり
          1:清明とはいえない

 注2* RS(Rankin Scale)   ※発症前RSは、発症前おおむね1週間のADLを推定しています。
     0:まったく症候がない
     1:明らかな障害はない/日常の勤めや活動は行える
     2:軽度の障害/自分の身の周りのことは介助なしで行える
     3:中等度の障害/何らかの介助を必要とするが、歩行は介助なしに行える
     4:中等度から重度の障害/歩行や身体的要求には介助が必要である
     5:重度の障害/寝たきり、失禁状態、常に介助と見守りを必要とする
     6:死亡
呼吸器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx99040x 肺癌 化学療法あり     178    10.65    12.35     0.00    70.28  
040040xx9910xx 肺癌 気管支鏡生検等あり     148     4.09     3.68     0.68    71.87  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎       75    16.87    19.92     4.00    73.61  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎       53    23.25    21.25    26.42    81.81  
040040xx9909xx 肺癌 化学療法(ベバシズマブ)あり      45     8.60    10.76     0.00    68.22  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 呼吸器内科は呼吸器全般にわたる診療を行っています。救急救命センターを併設しているため、緊急性のある患者さんを積極的に受け入れています。
 患者数別にみると、最も多いのは、肺癌に対して化学療法(抗がん剤治療)を行う患者さんです。外来でも化学療法を行いますが、化学療法が初めての方や抗がん剤の種類、患者さんの状態に応じて入院で行っています。
 2番目に多いのは、肺癌(疑いも含む)に対して、気管支鏡等による生検を行う患者さんです。検査入院のため、平均在院日数は4.09日と短くなっています。
 3番目に多いのは、間質性肺炎の患者さんです。上気道感染様症状に引き続いて、急速に進行することもあり、呼吸困難や呼吸不全に至る場合もあります。
 4番目に多いのは、誤嚥性肺炎の患者さんです。寝たきりや高齢者に多い疾患の為、平均年齢も81.81歳と高く、転院する患者さんも26.42%と多いため、在院日数が23.25日と長くなっています。
 5番目に多いのは、肺癌に対してベバシズマブという薬剤を使用し、化学療法(抗がん剤治療)を行う患者さんです。
循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx02000x 狭心症 経皮的冠動脈形成術あり     414     4.10     4.71     0.72    68.94  
050050xx99100x 狭心症 心臓カテーテル検査あり     288     3.45     3.06     0.35    69.34  
050130xx99000x 心不全      205    13.12    17.95     2.44    77.57  
050050xx99200x 狭心症 心臓カテーテル検査+血管内超音波検査あり     105     3.17     3.22     0.00    70.00  
050030xx97000x 急性心筋梗塞 経皮的冠動脈形成術等あり     104     9.03    13.02     0.00    64.30  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 循環器内科は虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心不全などすべての循環器疾患を専門医が診療し、24時間体制であらゆる事態にも対応できる質の高い医療を提供しています。また、当院はカテーテル治療において、北関東で最も精力的に活動している施設のひとつです。
 患者数別にみると、最も多いのは、狭心症に対してカテーテルを使用し冠動脈の狭窄や閉塞部分の治療を行う患者さんです。予約入院で待機的に治療を行うだけでなく、救急救命センターを併設しているため、緊急カテーテル治療にも対応しています。平均在院日数は4.10日と全国平均より短くなっています。
 2番目に多いのは、狭心症に対して冠動脈の狭窄や閉塞部分の状態を確認するため心臓カテーテル検査を行う患者さんです。中等度の冠動脈狭窄は、薬による治療が望ましい場合があるため、症例ごとにカテーテル治療の適応を厳格に検討しております。
 3番目に多いのは、心不全の患者さんです。高齢者や心臓弁膜症などの基礎疾患を持っている患者さんなど重症例にも対応できるよう、集中治療室での全身管理も行っております。
 4番目に多いのは、2番目に多い狭心症の患者さんと同様ですが、心臓カテーテル治療時に、血管内超音波検査等を行う患者さんです。
 5番目に多いのは、急性心筋梗塞に対し心臓カテーテルを使用し冠動脈の狭窄や閉塞部分の治療を行う患者さんです。発症から数時間以内の超急性期の場合は、梗塞領域の縮小を目的に積極的な治療により閉塞部位を解除することがあります。当院では来院時(救急外来)より90分以内にカテーテル治療を開始できる24時間体制をとっています。
消化器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060050xx97x0xx 肝癌・肝内胆管癌 肝動脈塞栓術あり      96    10.48    11.74     2.08    73.99  
060102xx99xxxx 大腸憩室炎(穿孔または膿瘍を伴わない)      51     7.86     7.89     0.00    63.75  
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 内視鏡的乳頭切開術等あり      48    10.94    11.06     2.08    71.38  
060300xx97100x 肝硬変、食道静脈瘤 内視鏡的食道静脈瘤結紮術等あり      45     8.51    14.28     0.00    66.56  
060350xx99x00x 急性膵炎      40    10.25    11.84     2.50    51.60  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 消化器内科は救急診療を始めとする地域医療のニーズに幅広く対応できることをめざしております。
 患者数別にみると、最も多いのは、肝癌に対して肝動脈化学塞栓療法(TACE)(注1*)を行う患者さんです。
 2番目に多いのは、大腸の憩室炎の患者さんです。糞便が憩室内に停滞し、急性憩室炎を起こすと、腹痛を訴え、発熱などもきたします。初期治療は抗生物質療法が基本ですが、穿孔や腹膜炎、大量出血などを起こした場合は、外科的な腸切除が必要となることもあります。
 3番目に多いのは、総胆管結石や胆管炎、胆管狭窄などの胆道疾患に対し、内視鏡を用いて胆道の出口(乳頭部)を切開し結石を除去したり、胆管ステント留置を行う患者さんです。総胆管結石は通常無症状ですが、大きな結石が嵌頓した場合は、閉塞性黄疸などの症状が出現します。胆管炎を伴うと発熱もみられ、急性閉塞性化膿性胆管炎を起こすと敗血症からショックに至ることもあり、生命にかかわることもあります。
 4番目に多いのは、肝硬変に対して内視鏡的食道静脈瘤結紮術(EVL)(注2*)を行う患者さんです。肝硬変は食道・胃静脈瘤を合併することが多い疾患です。静脈瘤は血管がもろく破裂しやすく、大量出血をおこすと生命にかかわるため、静脈瘤の状態により治療が必要となります。
 5番目に多いのは、急性膵炎の患者さんです。

 注1* 肝動脈化学塞栓療法(TACE) 肝癌を栄養している肝動脈にカテーテル入れ、造影剤、抗がん剤、塞栓物質を混ぜたものを注入し、栄養動脈の血流を止め(塞栓)して肝細胞がんを壊死させる治療。
 注2* 内視鏡的食道静脈瘤結紮術(EVL) 食道・胃静脈瘤に対する内視鏡治療法の一つ。破裂の危険性が高い静脈瘤を内視鏡下でしばり、壊死脱落させる方法。手術や硬化療法に比較して操作も容易で患者さんの負担も少ないが、再発しやすいため一定期間をおいて繰り返し治療を行う可能性もあります。
血液・リウマチ科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 化学療法あり      28    14.00    16.83     0.00    67.71  
130010xx97x2xx 急性白血病 輸血あり 化学療法あり      13    66.69    41.96     0.00    77.31  
130040xx97x5xx 多発性骨髄腫 輸血あり 化学療法(ベルケイド)あり      11    84.27    43.48     0.00    71.00  
130060xx97x01x 骨髄異形成症候群 輸血あり 敗血症合併あり  - - - - -  
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 化学療法(トレアキシン)あり   - - - - -  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。
 ◇3位以下のDPCコードについては、患者数10症例未満のため各項目を非公開としています。

【解説】
 血液・リウマチ科は白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などの造血器腫瘍などの血液疾患全般を診療対象としています。
 患者数別にみると、最も多いのは、非ホジキンリンパ腫(悪性リンパ腫)に対してリツキサン(抗がん剤)の化学療法を行う患者さんです。非ホジキンリンパ腫は、リンパ節、脾臓、胸腺、扁桃などを含むリンパ組織、消化管、肝、甲状腺その他あらゆる臓器にも腫瘤を形成します。タイプおよび病期により治療法が異なり、化学療法が治療の主体となります。
 2番目に多いのは、急性白血病に対して化学療法(抗がん剤)と輸血を行う患者さんです。急性白血病は血液細胞の中の未分化な白血球が急激に増殖をきたし、骨髄内では他の血球である赤血球、血小板生成を障害し、また全身に浸潤する疾患です。細胞の形態機能により骨髄性、リンパ性、単球性、前骨髄急性などに分けられます。
 3番目に多いのは、多発性骨髄腫に対してベルケイド(抗がん剤)の化学療法を行う患者さんです。
糖尿病・内分泌内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
100071xx99x110 2型糖尿病(多発合併症あり)インスリン療法あり 85歳未満      33    14.09    16.40     3.03    66.42  
100070xx99x110 2型糖尿病(末梢循環不全なし。) インスリン療法あり 認知症などあり 85歳未満      28    12.11    16.31     0.00    71.79  
100070xx99x100 2型糖尿病(末梢循環不全なし。) インスリン療法あり 85歳未満      24    14.08    14.61     4.17    60.08  
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス       21    14.24    13.78     0.00    51.05  
100070xx99x000 2型糖尿病(末梢循環不全なし。) 85歳未満      18     8.61    11.48     0.00    55.94  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 糖尿病・内分泌内科は糖尿病・高脂血症などの代謝疾患、甲状腺疾患や脳下垂体・副腎疾患などの内分泌疾患を診療の対象としています。
 患者数別にみると、最も多いのは、多発合併症を伴う85歳未満の2型糖尿病に対して教育入院を行う患者さんです。
 2番目と3番目に多いのは、腎合併症などを伴う85歳未満の2型糖尿病に対して教育入院を行う患者さんですが、3番目に多い患者さんは、閉塞性動脈硬化症や認知症などの合併症があります。
 4番目に多いのは、糖尿病性ケトアシドーシスの患者さんです。この疾患は何らかの原因で急激に糖の代謝機能が弱まることによって、極度の高血糖状態になり発症し、最悪の場合には死に至ることもあります。緊急入院が多いため、平均在院日数は教育入院より長い14.24日となっています。
 5番目に多いのは、2番目、3番目と同様に教育入院を行う患者さんですが、インスリン製剤を使用していません。教育入院は1週間から2週間の予定で、重症の糖尿病、コントロール不良の糖尿病に対して、糖尿病教室、栄養指導、運動指導などを中心に糖尿病の理解を深める目的で行っています。
腎臓内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110280xx02x1xx 慢性腎不全 内シャント設置術等あり 血液透析あり      58    35.47    37.06    12.07    69.43  
110280xx99010x 慢性腎不全 血液透析あり      31    14.39    14.77     6.45    69.65  
110280xx02x00x 慢性腎不全 内シャント設置術等あり      23     8.91     8.87     0.00    69.48  
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群 経皮的腎生検あり      18     6.67     7.58     0.00    44.67  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群      17    12.29    12.84     5.88    57.29  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 腎臓内科は慢性腎臓病(CKD)や急性腎障害(AKI)、および様々な水分・電解質異常の診断、治療を行っています。
 患者数別にみると、最も多いのは、慢性腎不全に対して内シャント設置術を行い、血液透析の導入を入院中に行う患者さんです。
 2番目に多いのは、慢性腎不全に対して血液透析を行う患者さんです。慢性腎不全の増悪や尿毒症、肺水腫、急性呼吸不全などの合併症をおこし緊急入院する場合が多いです。
 3番目に多いのは、慢性腎不全に対して内シャント設置術を行う患者さんです。入院中の血液透析は行わず、他院にて導入を行う患者さんなどです。
 4番目に多いのは、IgA腎症や慢性腎炎に対し、経皮的に腎臓に針を刺して組織を採取(経皮的針生検)し、病理組織検査を行う患者さんです。
 5番目に多いのは、慢性腎不全やIgA腎症、慢性腎炎の治療を行う患者さんです。
 慢性腎不全は、何らかの原因で腎機能が障害され、体液の恒常性が維持できなくなった状態が長期間かけ進行したものです。できる限り腎機能低下を止めるように管理するべきであり、食事療法など合併症予防のための教育が必要となります。進行した場合は、血液浄化療法(血液透析など)が必要となります。
小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎      157     6.29     6.02     0.00     1.24  
040100xxxxx00x 喘息     103     6.09     6.42     0.00     3.18  
140010x199x1xx 新生児疾患(出生時体重2500g以上)       93    10.02    12.00     1.08     0.00  
0400801199x00x 肺炎(1歳以上15歳未満)      91     8.25     5.79     1.10     3.11  
150040xxxxx0xx 熱性けいれん       78     4.37     3.95     2.56     1.71  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 小児科は先天性心疾患をはじめ、あらゆる疾患に対し受け入れをしています。NICU(新生児集中治療室)・小児循環器部・産科を統合し、特色のある2次周産期施設として母子医療センターを運営しており、周産期から小児科医が積極的に関与しています。
 患者数別にみると、最も多いのは、RSウイルスなどによる急性気管支炎や急性細気管支炎の患者さんです。
 2番目に多いのは喘息の患者さんです。主に2次、3次救急に対応しているため、他の病院からの紹介患者さんも多く、急性気管支炎や急性細気管支炎の患者さんでは平均年齢が1.24歳、喘息の患者さんでは3.18歳と低くなっています。
 3番目に多いのは、出生時体重2500g以上の新生児の患者さんです。当院にて出生した新生児が多く、新生児黄疸や呼吸障害、哺乳不全などに対応しています。
 4番目に多いのは、1歳以上15歳未満の肺炎(肺炎球菌、インフルエンザ菌、マイコプラズマなど)の患者さんです。
 5番目に多いのは、熱性けいれんの患者さんです。熱性けいれんは38℃以上の発熱に伴って乳幼児に生ずる発作性疾患のため、平均年齢が1.71歳と低くなっています。また、けいれんは15分以上続くことはまれで、けいれん後も身体所見や意識状態に普段と変わる点はなく、通常、投薬は不要であることから、平均在院日数も4.37日と短くなっています。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060210xx99000x 腸閉塞       90    11.18     9.08     0.00    67.86  
060335xx02000x 胆のう炎、胆のうポリープ 腹腔鏡下胆嚢摘出術等あり      81     7.00     7.61     0.00    55.11  
060020xx04x0xx 胃癌 内視鏡的悪性腫瘍粘膜切除術等あり      63     8.24     9.02     0.00    72.83  
090010xx03x0xx 乳癌 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術あり      63     6.22     6.59     0.00    55.92  
060020xx02x0xx 胃癌 胃切除術あり      59    18.54    17.65     1.69    69.90  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 一般消化器外科は消化器系と乳腺を含めた疾患を診療しています。対象疾患は、消化器系(食道、胃、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆嚢など)の良性および悪性疾患、成人および小児のヘルニアなどです。また、当院はがん診療連携拠点病院でもあり、多くの消化器癌の手術および化学療法の先進医療に取り組んでいます。
 患者数別にみると、最も多いのは、癒着性イレウスの患者さんです。腹部の手術をしたことがある患者さんは、手術直後などの時期を問わず、他の腸や腹壁と癒着することがあり、腸管内容の通過が障害されることが原因です。当院は幅広い手術内容と多くの手術件数を有し、他の病院からの受け入れも多いため、この疾患の患者さんが多くなっています。
 2番目に多いのは、胆石性胆嚢炎や胆嚢ポリープに対して、腹腔鏡下で胆嚢摘出を行う患者さんです。クリニカルパスを適用しているため、予約入院の場合は、短期間になります。そのため、平均在院日数も7.00と短くなっています。
 3番目に多いのは、胃癌に対して内視鏡により切除術を行う患者さんです。当院は早期胃癌の患者さんが多く集まり、腫瘍の大きさなどの患者さんの状態にもよりますが、早期悪性腫瘍粘膜下剥離術(ESD)を行う場合が多くなっています。
 4番目に多いのは、乳癌に対して乳房部分切除を行う患者さんです。
 5番目に多いのは、胃癌に対して胃切除(開腹、腹腔鏡下)などを行う患者さんです。がん診療連携拠点病院ということもあり、他の病院からの受け入れも多くなっています。
呼吸器外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx97x0xx 肺癌 肺悪性腫瘍手術等あり     148     7.07    12.73     0.68    68.69  
040040xx9910xx 肺癌 気管支鏡生検等あり      45     2.07     3.68     0.00    70.56  
040200xx99x00x 気胸       33     8.00     9.14     9.09    53.97  
040040xx9909xx 肺癌 化学療法(ベバシズマブ)あり      25     6.24    10.76     0.00    66.92  
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等あり      22     7.36    10.09     0.00    38.91  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 呼吸器外科は、呼吸器内科とともに呼吸器全般にわたる診療を行っています。対象疾患は、肺・気管・気管支の疾患、気胸、縦隔の疾患、胸壁・横隔膜の疾患、胸部外傷です。
 患者数別にみると、最も多いのは、肺癌に対して悪性腫瘍切除術を行う患者さんです。小さな傷で手術を行う胸腔鏡下手術または、胸腔鏡補助下手術での切除を行っており、肺癌手術の約80~90%に達します。クリニカルパスを適用しているため入院期間も、平均在院日数が7.07日と短くなっています。
 2番目に多いのは、肺癌(疑いも含む)に対して確定診断のために気管支鏡などによる生検を行う患者さんです。検査入院のため、平均在院日数は2.07日と短くなっています。
 3番目に多いのは、気胸の患者さんです。
 4番目に多いのは、肺癌に対してベバシズマブ(アバスチン)を使用する化学療法の患者さんです。
 5番目に多いのは、気胸に対して胸腔鏡で肺を部分切除する患者さんです。気胸手術も肺癌手術と同様、身体への侵襲が低い胸腔鏡下で行う場合が多く、クリニカルパスを適用しているため入院期間も、平均在院日数が8.36日と短くなっています。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
07040xxx01xxxx 変形性股関節症 人工関節股関節置換術等あり     106    23.14    24.42    12.26    65.72  
160800xx01xxxx 大腿近位骨折 人工骨頭挿入術等あり       74    31.31    27.63    63.51    79.62  
070350xx97xxxx 腰椎椎間板ヘルニア 脊椎固定術等あり      54    17.17    17.07     1.85    54.85  
070343xx01x0xx 腰部脊柱管狭窄 脊椎固定術等あり      40    21.80    22.55     5.00    68.58  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 骨折観血的手術等あり      36     3.83     5.49     0.00    49.94  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 整形外科は、骨・関節・筋肉・脊椎脊髄・神経などの運動器の疾患から外傷までを幅広く診療しています。脊椎・脊髄外科、人工関節手術などの関節外科、上肢の外科、骨折・脱臼などの外傷外科についてはその専門の医師が対応しています。
 患者数別にみると、最も多いのは、大腿骨頭壊死や変形性股関節症に対して人工関節置換術を行う患者さんです。
 2番目に多いのは、大腿骨骨折に対して人工骨頭挿入術や、プレートなどを用いて骨折手術を行う患者さんです。大腿骨骨折は交通事故のほか、転倒によるものが多く、高齢者に多いため平均年齢も79.62歳と高くなっています。そのため、他の病院へ転院し継続してリハビリを行う場合が多く、転院率も63.51%となっています。
 3番目に多いのは、腰椎椎間板ヘルニアに対して脊椎固定や椎間板摘出を行う患者さんです。椎間板ヘルニアは、椎体の間でクッションの役目をしている椎間板組織に変性が起こり、その結果、椎間板の周辺部分を作る線維輪の破れ目から髄核がはみ出す状態です。腰椎では、主に坐骨神経痛を起こし、圧迫されている神経の分布する領域のしびれや筋力低下を起こします。
 4番目に多いのは、腰部脊柱管狭窄症や腰椎すべり症に対して脊椎固定を行う患者さんです。脊柱管狭窄は、脊柱管に何らかの原因によって狭窄が生じた状態で、脊髄症状をきたします。腰部の脊柱管狭窄が多く馬尾神経や神経根の圧迫症状をきたします。
 5番目に多いのは、前腕(橈骨、尺骨)の骨折に対してプレートなどを用いての骨折手術や、骨折後のプレート除去を行う患者さんです。
形成外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080007xx010xxx 皮膚良性腫瘍 腫瘍摘出術あり      16     3.50     4.28     0.00    49.94  
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術あり      14     4.21     5.94     0.00    59.43  
160200xx0200xx 顔面骨折(鼻骨・眼窩底・頬骨等)鼻骨骨折整復固定術等あり   - - - - -  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり  - - - - -  
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍 腫瘍摘出術等あり - - - - -  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。
 ◇3位以下のDPCコードについては、患者数10症例未満のため各項目を非公開としています。

【解説】
 形成外科は、外傷(軟部組織損傷、顔面骨骨折、熱傷)、体表の先天性の形態異常(口唇裂、耳介変形、多指症、合指症など)、皮膚・皮下の腫瘍などに対しての診療を行っています。手術の約8割は、外来での局所麻酔手術を行っておりますが、患者さんの状態や手術の内容によっては入院での手術を行っています。
 患者数別にみると、最も多いのは、皮膚腫瘍や皮下腫瘍(脂肪腫など)に対する切除術です。入院適用となった患者さんの平均在院日数は3.50日と全国と比較しても短くなっています。
 2番目に多いのは、上腕や足底などの軟部腫瘍に対しての摘出を行う患者さんです。
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 血管造影検査あり      38     4.84     3.20     0.00    60.71  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 慢性硬膜下血腫穿孔穿孔術等あり      33     8.18     9.87     3.03    70.67  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷      18     4.22     7.52     0.00    47.94  
010070xx9910xx 内頚動脈狭窄等の脳血管障害 血管造影検査あり      13     2.69     3.25     0.00    64.62  
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術あり      13    11.23    10.24     7.69    66.38  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 脳神経外科は、県内外の大学とも積極的に交流してより質の高い医療を目指し、先進治療も積極的に取り入れています。対象疾患は脳腫瘍(髄膜腫,頭蓋底腫瘍,下垂体腫瘍,聴神経腫瘍,神経膠腫など)、脳動脈瘤(クモ膜下出血,未破裂動脈瘤)、脳動静脈奇形、頭部外傷、脳梗塞(バイパス手術、頚動脈血栓内膜剥離術など)、機能的疾患(三叉神経痛,顔面けいれん)を含む脳神経外科疾患全般です。
 患者数別にみると、最も多いのは、未破裂脳動脈瘤に対して血管造影検査を行う患者さんです。クリニカルパスを適用しているため、平均在院日数が4.84日と短くなっています。
 2番目に多いのは、外傷性慢性硬膜下血腫に対して慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術(注1*)を行う患者さんです。慢性硬膜下血腫は軽度の頭部外傷から3週間以上を経て、硬膜下に徐々に血液が貯留していく疾患で、血腫増大とともに、圧迫症状が出現します。高齢者の転倒による場合が多く、歩行障害や片麻痺、認知症症状などで受診し診断されます。平均年齢からみてもわかるように、70.67歳と高齢になっています。
 3番目に多いのは、脳震盪や外傷性くも膜下出血、外傷性急性硬膜下血腫などの頭蓋・頭蓋内損傷に対して保存的加療を行う患者さんです。
 4番目に多いのは、内頚動脈狭窄症や成人もやもや病に対して血管造影検査を行う患者さんです。クリニカルパスを適用しているため、平均在院日数が2.69日と短くなっています。
 5番目に多いのは、未破裂脳動脈瘤に対して、カテーテルを用いて脳血管内手術を行う患者さんです。

 注1* 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術  硬膜下血腫に対して頭蓋骨に穴をあけ、血腫を抽出・洗浄し、ドレナージを行う手術
心臓血管外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050210xx97000x 房室ブロック、洞不全症候群 ペースメーカー植え込み術等あり       59     3.44    11.38     0.00    75.42  
050163xx03x10x 胸部、腹部大動脈瘤 ステントグラフト内挿術あり 人工呼吸等あり      52    13.04    16.98     3.85    75.96  
050163xx03x0xx 胸部、腹部大動脈瘤 ステントグラフト内挿術あり      33    11.82    12.74     0.00    76.09  
050080xx01010x 弁膜症 弁置換術等あり      29    21.69    24.70     0.00    66.90  
050170xx03000x 閉塞性動脈硬化症 血管拡張術等あり      28     7.68     5.85     0.00    72.21  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 心臓血管外科は、循環器内科・小児科・放射線科との綿密な連携の下、治療を行っています。また、生命を救うことはもちろんのこと、できるだけ患者さんへの負担を少なく、さらに手術後の日常生活をより良いものにすることも目指した手術や治療が行われています。対象疾患は心臓弁膜症や冠動脈疾患、心房中隔欠損症などの先天性心疾患、急性大動脈解離や胸部大動脈瘤などの大動脈疾患など、さまざまな循環器疾患です。
 患者数別にみると、最も多いのは、房室ブロックや洞不全症候群などの不整脈に対して、新規でペースメーカーの植え込みまたは交換を行う患者さんです。クリニカルパスを適用しているため、平均在院日数が3.44日と短くなっています。
 2番目に多いのは、胸部や腹部大動脈瘤に対してステントグラフト内挿術(注1* )および中心静脈注射や人工呼吸を行う患者さんです。高齢者や合併症を持つ患者さんは集中管理が必要な場合も多く、転院率は3.85%となっています。
 3番目に多いのは、胸部や腹部大動脈瘤に対してステントグラフト内挿術(注1* )を行う患者さんです。高齢者や合併症を持つ患者さんにとって負担の少ない手術のため、平均年齢が76.09歳と高くなっています。
 4番目に多いのは、大動脈弁や僧房弁などの狭窄や閉鎖不全に対して、弁置換術などを行う患者さんです。
 5番目に多いのは、下肢などの閉塞性動脈硬化症に対して、血管拡張術を行う患者さんです。

 注1* ステントグラフト内挿術  大きく皮膚を切開することなく、ステントグラフトを用いた経カテーテル的血管内治療。大腿動脈切開部からガイドワイヤーを使用し、目標の動脈瘤の中枢と末梢測の健常部分にステントグラフトを拡張し留置する治療法。
耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎       59     5.88     5.50     0.00    42.17  
030440xx01xxxx 真珠腫性中耳炎 鼓室形成手術あり       41     7.29     9.36     0.00    45.54  
030150xx97xxxx 鼻腔、耳下腺、扁桃等の良性腫瘍 摘出術あり      40     7.18     7.55     0.00    55.63  
030230xxxxxxxx 慢性扁桃炎 扁桃摘出術あり      36     6.61     8.12     0.00    28.44  
100020xx01x0xx 甲状腺癌 甲状腺悪性腫瘍手術あり      36     9.00     9.27     0.00    51.75  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 耳鼻咽喉科は、一般には「耳鼻咽喉科・頭頸部外科」と呼ばれ、頭頚部領域の手術を中心に耳・鼻・舌口腔・咽喉頭(のど)・唾液腺・頸部の病気を専門にしています。
 患者数別にみると、最も多いのは、急性扁桃炎や喉頭炎、扁桃周囲膿瘍の患者さんです。抗生物質の点滴治療や内服治療を行います。外来でも治療することがありますが、当院では比較的重症な患者さんが入院治療となっています。
 2番目に多いのは、真珠腫性中耳炎・慢性中耳炎に対し、鼓室形成術を行う患者さんです。真珠腫性中耳炎は慢性中耳炎の特殊な状態で、合併症を起こしやすい危険なタイプです。聴力は耳小骨の破壊により程度が異なりますが、骨破壊から合併症を起こしやすく、めまい、顔面神経麻痺、頭蓋内合併症などの症状が現れることもあります。
 3番目に多いのは、鼻腔や耳下腺、扁桃などの良性腫瘍に対して摘出術を行う患者さんです。
 4番目に多いのは、慢性扁桃炎に対し扁桃摘出術を行う患者さんです。
 5番目に多いのは、甲状腺癌に対して悪性腫瘍手術(摘出術)を行う患者さんです。
産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120060xx01xxxx 子宮筋腫 子宮全摘術等あり     152     8.19    10.05     0.00    42.48  
120180xx01xxxx 既往帝王切開妊娠等 帝王切開術等あり     147     7.96     9.88     0.00    34.24  
120260xx01xxxx 胎児機能不全等の分娩異常 緊急帝王切開術等あり      89     8.17     9.77     0.00    32.73  
120070xx02xxxx 卵巣のう腫 卵巣部分切除術等あり      63     5.87     6.42     0.00    40.14  
12002xxx99x40x 子宮頸・体部癌 化学療法あり      60     5.18     5.12     0.00    53.57  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 産婦人科は、母子医療センターを有し、不妊症から周産期、婦人科悪性腫瘍に至るまで、産婦人科領域疾患のほとんどを診療しています。また、救命救急センターを併設し3次救急の役割を担っているため、救急搬送や他の病院からの紹介患者さんも多く、常時救急に備えた診療体制をとっています。
 患者数別にみると、最も多いのは、婦人科領域である子宮筋腫に対して子宮全摘術や子宮筋腫摘出術を行う患者さんです。子宮筋腫は主に30~40歳代に多く発症するため、平均年齢が42.48歳となっています。
 2番目に多いのは、骨盤位(逆子)や既往帝王切開後妊娠(以前に帝王切開をしたことがある)に対して帝王切開術を行う患者さんです。クリニカルパスを適用しているため、平均在院日数が7.96日と短くなっています。
 3番目に多いのは、胎児機能不全(胎児仮死)や胎児回旋異常、前期破水など分娩時の合併症に対して帝王切開術を行う患者さんです。自然分娩から緊急で帝王切開に切り替わるため、予定で帝王切開術を行う患者さんよりも、在院日数が1日程度長くなり、平均在院日数は8.17日となっています。
 4番目に多いのは、卵巣のう腫に対して摘出術を行う患者さんです。
 5番目に多いのは、子宮癌(体部、頚部)に対して化学療法(抗がん剤)を行う患者さんです。
眼科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020200xx9710xx 黄斑円孔 硝子体顕微鏡下離断術あり       14     9.86     7.72    0.00    71.21  
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 片眼 - - - - -  
020325xxxxxxxx 甲状腺機能異常性眼球突出(症) - - - - -  
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 - - - - -  
020180xx97x0x1 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 両眼 - - - - -  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。
 ◇2位以下のDPCコードについては、患者数10症例未満のため各項目を非公開としています。
 ◇白内障に対する水晶体再建術を行った患者さんは、「短期滞在手術等入院基本料3」を算定するため、集計から除外しています。

【解説】
 眼科は、眼科全般にわたる専門知識を有し、さらに最先端機器を導入することにより患者さんの立場に立った医療の提供に努めています。
 患者数別にみると、最も多いのは、網膜前膜や黄斑円孔に対して硝子体茎顕微鏡下離断術を行う患者さんです。クリニカルパスを適用しているため、平均在院日数が9.86日と短くなっています。
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx0200xx 膀胱癌 経尿道的膀胱悪性腫瘍手術あり     178     6.15     7.44     0.56    72.13  
11012xxx020x0x 尿管結石、腎結石 経尿道的尿路結石除去術等あり     111     4.81     5.83     0.00    57.28  
110420xx97xx0x 水腎症 尿管ステント留置術等あり      76     3.32     5.33     0.00    64.91  
110060xx99x20x 腎盂・尿管癌 化学療法あり      52    15.19    11.71     0.00    71.46  
110070xx99x20x 膀胱癌 化学療法あり      48    16.15    11.72     0.00    69.79  
【集計方法と定義】
 ◇各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
 泌尿器科は、泌尿器科疾患全般に対して、栃木県の基幹病院として要求される高レベルの診療を幅広く行っています。また、がん診療連携拠点病院として、泌尿器がんの手術療法に特に力を入れています。
 患者数別にみると、最も多いのは、膀胱癌に対して経尿道的膀胱悪性腫瘍手術を行う患者さんです。
 2番目に多いのは、尿管結石や腎結石に対してレーザーによる経尿道的尿路結石除去術を行う患者さんです。
 3番目に多いのは、尿管狭窄や水腎症に対して尿管ステント留置術や尿管狭窄拡張術を行う患者さんです。いずれもクリニカルパスを適用しているため、平均在院日数は全国平均と比較して短くなっています。
 4番目に多いのは、腎盂や尿管癌に対して化学療法(抗がん剤)を行う患者さんです。
 5番目に多いのは、膀胱癌に対して化学療法(抗がん剤)を行う患者さんです。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 -,132 -,20 -,20 14,19 - 32 1 6,7
大腸癌 -,78 -,63 -,56 -,30 - 37 1 6,7
乳癌 -,49 -,32 -,- -,- - 17 1 6,7
肺癌 -,109 -,34 -,123 30,228 87 192 1 6,7
肝癌 -,- -,18 -,- -,11 - 127 1 6,7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【集計方法と定義】
 ◇2016年度(平成28年)に入院治療を行った、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の5大癌について、初発患者はUICCのTNMから示される病期分類別に、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数を示しています。患者数は延患者数です。
 ◇患者数は延患者数です。例えば、同一患者さんが入退院を繰り返す場合は、繰り返した回数分を集計します。
 ◇TNM分類情報は、一連の治療を決定する際に用いた、術前所見に基づいています。
 ◇各癌それぞれについて、ステージの判定に使用した版数が混在する場合は、カンマ区切りを用いて列記しています。カンマ左側が6版、右側が7版。
 ◇TNM分類が不正確等でステージが不明な場合は、「不明」として集計しています。
 ◇患者数10症例未満のステージについては、患者数を非公開としています。

【解説】
 当院はがん診療連携拠点病院の指定をうけており、がんに対し集学的治療を行っております。紹介率の増加やがん検診の促進により、胃癌、大腸癌、乳癌ではステージⅠ(早期がん)の患者さんが多い傾向にあります。
 肺癌においてはステージⅣの患者さんが一番多く、遠隔転移が見つかり当院へ紹介されるケースが多い状況です。
 また、肺癌、肝癌では再発した患者さんの割合も多く、継続した治療を行っていることもわかります。なお、肺癌のステージ不明については、肺癌疑いの検査目的で入院する場合など、判断不可能な件数です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症      23    10.61    56.87
中等症      38    19.92    80.87
重症     116    14.99    75.54
超重症      24    33.63    78.58
不明 - - -
【集計方法と定義】
 ◇成人(20歳以上)の市中肺炎について、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
 ◇入院契機傷病名および最も医療資源を投入した傷病名に対するICD10コードがJ13~J18$で始まるものに限定しています。
 ◇重症度分類は、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による分類(A-DROP)を用いて、年齢(Age)、脱水(Dehydration)、呼吸(Respiration)、意識障害(Orientation)、収縮期血圧(Pressure)の各項目1点の5点満点により評価します。
     軽症:0点の場合。
     中等症:1~2点の場合。
     重症:3点の場合。
     超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
     不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。
 ◇市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、肺炎レンサ球菌による肺炎、インフルエンザ菌による肺炎、肺炎桿菌による肺炎、ブドウ球菌による肺炎等があります。
 ◇患者数10症例未満の重症度については、各項目を非公開としています。

【解説】
 当院では、軽症の患者さんは全体の11.44%であり、平均年齢が56.875歳と比較的若い患者さんが多いため、平均在院日数も10.61日と短くなっています。
 患者数別にみると、中等症の患者さんが一番多く、つづいて重症、超重症となり、重症度が高くなるほど平均在院日数が長く、平均年齢が70歳を超えていることがわかります。高齢の患者さんは慢性の呼吸器疾患を合併していることも多く、重症化した患者さんに対しては人工呼吸管理下での治療を行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群3日以内      27     9.81    72.44     0.00
その他    -    -    -    -
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群-    -    -    -    -
I63$脳梗塞3日以内     314    27.44    72.36    39.81
その他      29    16.10     2.38    17.24
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内      18     6.78    73.50     0.00
その他    -    -    -    -
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの-    -    -    -    -
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>-    -    -    -    -
I679脳血管疾患,詳細不明-    -    -    -    -
【集計方法と定義】
 ◇脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
 ◇最も医療資源を投入した傷病のICD10(G45$、G46$、I63$、I65$、I66$、I675、I679)別に集計しています。
 ◇患者数10症例未満については、各項目を非公開としています。
 
【解説】
 栃木県では脳卒中(脳出血、脳梗塞、一過性脳虚血発作)の発症数が多く、当院では特に脳卒中急性期の診断・治療に最も力を注いでいます。24時間365日、血栓溶解療法を実施しています。さらに脳梗塞の治療は、病型(脳梗塞の種類)・部位により点滴や内服による治療薬も再発予防薬も異なり、リハビリ、手術が必要になることもあります。そのため、病初期の正確な病型分類が治療成績を左右するといわれています。脳神経外科と密な連携を行い、適切な治療法を選択しています。
 脳梗塞のICD10別患者数等より、当院では、「発症から3日以内」に入院される患者さんは、脳梗塞(ICD:I63$)(種類:心原性脳梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞等)が全体の78.89%を占め、つづいて、一過性脳虚血発作(脳血流が一時的に悪くなり、神経症状を起こす脳梗塞の前触れ)(ICD:G45$)(種類:一過性全健忘、椎骨脳底動脈循環不全、内頚動脈不全症等)が6.78%を占めています。後遺症の予防と軽減のためにすぐに治療を開始し、症状が落ち着いた後は、患者さんの状態に合わせて自宅へ退院や回復期リハビリテーション病院へ転院となります。患者さんが安心して退院できるように、入院初期の段階から退院支援を積極的に行っています。転院率は、脳梗塞(ICD:I63$)の、「発症から3日以内」が39.81%、「その他(発症から4日以降)」が17.24%です。一過性脳虚血発作(ICD:G45$)においては、転院せず、全患者さんが自宅へ退院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K386 気管切開術      12    12.67    43.08    25.00    70.08  
K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術 - - - - -  
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -  
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) - - - - -  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。
 ◇2位以下のKコードについては、患者数10症例未満のため各項目を非公開としています。

【解説】
 内科で最も多い手術は気管切開術です。脳梗塞や脳出血後遺症などの嚥下障害から誤嚥性肺炎をおこした場合に重症呼吸不全をきたすことがあり、呼吸管理が重要です。長期的に人工呼吸器を要する患者さんについては、気管切開術を施行することがあります。人工呼吸器による細菌感染のリスクを避けるだけでなく、医療者側としても適切に患者さんの全身管理を行うメリットがあります。当院では必要に応じ、耳鼻咽喉科を含む外科と連携して気管切開術を行っています。
消化器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)     129     0.58     1.74     0.00    65.78  
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術)      77     1.14     6.71     0.00    74.26  
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術      49     1.90     7.69     0.00    67.45  
K654 内視鏡的消化管止血術      42     0.55    12.29    11.90    67.60  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上)      32     0.31     2.91     0.00    64.16  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。

【解説】
 消化器内科で最も多い手術は、ポリープの大きさが長径2cm未満の内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。内視鏡によって大腸ポリープを切除する治療です。入院当日に手術を行うことが多く、平均術後日数は1.74日と短くなっています。
 2番目に多い手術は、血管塞栓術です。肝細胞癌に対して行う手術で肝動脈化学塞栓療法(TACE)(注1*)という治療法です。入院翌日に手術を行うことが多く、平均術後日数は6.71となっています。また、高齢の方が多く、平均年齢が74.26歳となっています。
 3番目に多い手術は、内視鏡的食道静脈瘤結紮術です。食道静脈瘤に対して行う内視鏡的治療法の1つであり、ゴムバンドを用いて静脈瘤を結紮(血管をしばり血流をとめる)します。手術や硬化療法に比較して操作も容易で、患者さんの身体的負担も少なく、確実性も高いですが再発することもあります。
 4番目に多い手術は、内視鏡的消化管止血術です。胃や十二指腸などの出血部位を内視鏡で確認し、クリップやレーザーにより止血する治療です。出血性胃潰瘍や出血性十二指腸潰瘍などに対して行いますが、救急患者さんが多く、緊急で入院当日もしくは翌日に手術を行います。そのため、平均術前日数が0.55日となっています。
 5番目に多い手術は、ポリープの大きさが長径2cm以上の内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。入院当日に手術を行うことが多く、平均術後日数は2.91日と短くなっています。

 注1* 肝動脈化学塞栓療法(TACE) 肝癌を栄養している肝動脈にカテーテル入れ、造影剤、抗がん剤、塞栓物質を混ぜたものを注入し、栄養動脈の血流を止め(塞栓)して肝細胞がんを壊死させる治療。
循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの)     332     1.98     1.85     1.51    68.89  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの)      80     0.01    12.53     2.50    64.20  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの)      66     0.35     7.73     0.00    68.11  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術      58     2.76     3.79     5.17    72.43  
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの)      51     2.14     2.88     1.96    71.33  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。

【解説】
 循環器内科で最も多い手術は、経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの)です。冠動脈硬化症や狭心症に対して、主に待機的に行う治療です。クリニカルパスを適用しているため、平均術前日数が1.98日、平均術後日数が1.85日と短くなっています。
 2番目に多い手術は、経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの)です。この手術は、急性心筋梗塞に対して行いますが、来院から手術開始(バルーンカテーテルによる再潅流時間(door to balloon time))までの時間が90分以内となっており、患者さんの救命に大きく貢献しています。緊急入院がほとんどであり、入院当日に手術を行うため、平均術前日数は0.01日となっています。
 3番目に多い手術は、経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの)です。重篤な不安定狭心症に対して、来院から24時間以内に行った高度な治療のため、平均術前日数が0.35日となっています。
 4番目に多い手術は、四肢の血管拡張術・血栓除去術です。主に下肢の閉塞性動脈硬化症に対して行います。閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化により血管内腔が狭窄または閉塞して、それより末梢領域に虚血をきたす疾患です。そのため、カテーテルを用いて狭窄や閉塞部分を貫通し、バルーンカテーテルで拡張します。
 5番目に多い手術は、経皮的冠動脈形成術(その他のもの)です。冠動脈硬化症や狭心症に対して行います。クリニカルパスを適用しているため、平均術前日数が2.14日、平均術後日数が2.88日と短くなっています。
腎臓内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K610-3 内シャント設置術      72    11.33    13.29     4.17    68.54  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術      12     6.50     8.08     8.33    69.75  
K6147 血管移植術(その他の動脈) - - - - -  
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -  
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。
 ◇3位以下のKコードについては、患者数10症例未満のため、各項目を非公開としています。

【解説】
 腎臓内科で最も多い手術は、内シャント設置術です。腎臓が機能しなくなると、体内の老廃物を排出できなくなるため、腎機能の回復が見込めない慢性腎不全に対して血液透析を行うため、シャント(動脈と静脈を吻合したもの)を作成します。この手術は、患者さん自身の血管を使用し、作成したものです。予約入院が一般的ですが、腎機能の悪化により救急搬送される患者さんは、状態が落ち着くまで治療を行ったあとシャントを作成することが多いため、平均術前日数が11.33日と長くなります。
 2番目に多い手術は、経皮的シャント拡張術・血栓除去術です。内シャント部分の狭窄や閉塞に対して、シャント部分の拡張や血栓除去を行う治療です。
小児科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの)      61     0.02    15.02     1.64     0.00  
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの)      15     0.00    31.47    13.33     0.00  
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - - - - -  
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) - - - - -  
K5621 動脈管開存症手術(経皮的動脈管開存閉鎖術) - - - - -  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。
 ◇3位以下のKコードについては、患者数10症例未満のため、各項目を非公開としています。

【解説】
 コードによる集計上、手術に分類されていますが、小児科で最も多い手術は、新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの)で、2番目に多い手術は、新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの)です。生まれて間もない新生児は呼吸状態や循環状態が悪くなることがあり、新生児仮死は重要な原因の1つです。呼吸と循環の補助のために行うのが蘇生術になり、口や鼻からの分泌物の吸引、啼泣のための皮膚刺激、酸素投与、気管内挿管が含まれます。新生児仮死の程度についてはApgar Score(注1*)で評価します。

 注1* Apgar Score(アプガースコア)は心拍数、呼吸、筋緊張、反射、皮膚の色について、それぞれ0~2点をつけ、生後1分と5分で判定します。0~10点となり、点数が低い程、悪い状態といえます。第1度仮死は4~6点、第2度仮死は3点以下に相当します。状態に応じて、呼吸と循環の補助のための蘇生術が必要になり、口や鼻からの分泌物の吸引、啼泣のための皮膚刺激、酸素投与、気管内挿管などを行います。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)     173     0.35     2.49     0.00    68.35  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術     165     4.45     4.45     0.61    59.19  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの))      63     1.02     4.21     0.00    55.92  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)      63     1.17     6.48     0.00    72.29  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)      62     4.85    20.98     6.45    71.89  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。

【解説】
 外科で最も多い手術は、ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)です。クリニカルパスを適用しているため、入院当日に手術を行い、平均術後日数は2.49日と短くなっています。
 2番目に多い手術は、腹腔鏡下胆嚢摘出術です。胆のう炎や胆嚢結石症に対して行う手術で、腹腔鏡により腹腔内を観察しながら、腹壁から腹腔内に挿入した鉗子類を用いて胆嚢を摘出します。腹壁破壊が少ないため、術後の疼痛が少なく、入院期間や回復期間も短縮、また美容的にも優れているなどの多くの利点があります。手術後は早めに歩行や経口摂取を開始するため、平均術後日数は4.45日となっています。
 3番目に多い手術は、乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの))です。乳癌に対して行う手術で、腫瘍を含む乳腺組織を扇型または円状に部分切除し、乳房を温存する手術方法です。
 4番目に多い手術は、内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術)です。早期胃癌に対して行う手術で、病変部の粘膜下層を剥離することで、より正確な範囲で病変を完全に切除します。術後は出血や穿孔の危険があり、その施行には多くの経験と高度な技術を必要とします。
 5番目に多い手術は、結腸癌(大腸癌)に対して行う、結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)です。その多くが腹腔鏡下での手術を行っておりますが、患者さんの状態に応じて術式は選択しています。
呼吸器外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)      63     1.25     6.32     1.59    70.02  
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)      36     1.11     4.33     0.00    69.97  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)      30     1.07     2.90     0.00    64.47  
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの))      27     3.74     2.48     0.00    40.07  
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) - - - - -  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。
 ◇5位のKコードについては、患者数10症例未満のため各項目を非公開としています。

【解説】
 呼吸器外科で最も多い手術は、胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)です。
 2番目に多い手術は、胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)です。
 3番目に多い手術は、胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)です。いずれも肺癌に対して行う手術です。
 4番目に多い手術は、胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術)(楔状部分切除によるもの)です。自然気胸に対して行う手術です。若年男性に突発的に発症することが多く、平均年齢は40.07歳となっています。患者さんの状態により治療が異なりますが、一般的には、最初に胸腔ドレナージ(胸腔内の空気を体外に排出)治療を行い、ドレナージが不十分な場合に手術となることが多いため、平均術前日数が3.74日と少し長くなっています。
 当院では胸腔鏡下での手術を積極的行っています。呼吸機能の温存ができ、高齢や合併症をもつ患者さんには非常に利点あります。患者さんへの負担が少ない一方、医療者にとっては視野が狭い上に突発的な出血など臨機応変な対応が難しいため、高い技術を必要とします。
クリニカルパスを適用しているため、平均術後日数は最も多い手術で6.32日、2番目に多い手術では4.33日、3番目に多い手術では2.90日と非常に短くなっています。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝     144     2.44    21.33    11.11    67.08  
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定)      70     2.97    18.47     7.14    66.09  
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿      66     4.41    19.15    46.97    69.59  
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨      44     2.55    10.75     9.09    51.93  
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓切除)      38     4.39    18.05    10.53    68.92  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。
 ◇交通事故や労災などによる保険外診療については、集計から除外しています。

【解説】
 整形外科で最も多い手術は、人工関節置換術(肩、股、膝)です。当院は人工関節センターを設置しているため、人工関節置換術を積極的に行っています。その中でも、変形性股関節症や大腿骨頭壊死に対して行う、股関節の置換術が最も多くなっています。
 2番目に多い手術は、脊椎固定術(後方椎体固定)です。主に腰部脊柱管狭窄症に対して行います。
 3番目に多い手術は、骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)です。救命救急センターを併設しているため、交通事故や転倒による骨折が多く、専門の医師が診療しています。その中でも、大腿骨骨折が最も多くなっています。併存症のある患者さんが多いため、術前の他科依頼を要します。そのため、手術日までの期間が、平均術前日数は4.41日となっています。また、当院は地域の病院と連携し、継続してリハビリを行うことが出来るため、転院率は46.97%となっています。
 4番目に多い手術は、骨折観血的手術(前腕、下腿)です。前腕(橈骨、尺骨)や下腿(脛骨、腓骨)の骨折に対して、プレートやねじ、鋼線などを用いて骨折部分を固定します。
 5番目に多い手術は、椎弓切除術です。腰部脊柱管狭窄症や頚椎症性脊髄症の患者さんに対して行う手術です。脊椎・脊髄外科の専門医が診療しています。
形成外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹      17     0.94     2.59     0.00    55.29  
K0063 皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満)      14     0.86     2.00     0.00    56.21  
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -  
K0062 皮膚腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) - - - - -  
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む。) - - - - -  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。
 ◇3位以下のKコードについては、患者数10症例未満のため各項目を非公開としています。

【解説】
 形成外科で最も多い手術は、四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹)です。四肢や躯幹(背部など)の皮下よりも深いところにある良性軟部腫瘍(脂肪腫など)に対して行います。
 2番目に多い手術は、皮膚腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満)です。皮下や皮膚の良性腫瘍に対して行います。
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術      30     0.37     8.37    10.00    73.70  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)      22     0.36    26.77    54.55    61.50  
K1781 脳血管内手術(1箇所)      16     1.13    24.00    37.50    64.25  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの)      11     0.27    33.36    81.82    67.55  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの)      11     5.09    34.36    36.36    62.36  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。
 ◇交通事故や労災などによる保険外診療については、集計から除外しています。

【解説】
 脳神経外科で最も多い手術は、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫に対して行う手術です。運動麻痺や認知障害などの症状、頭部外傷などで発見されることがあり、脳の萎縮がみられる高齢者に多く、平均年齢は73.70歳となっています。また、診断後に緊急手術が必要な場合が多く、平均術前日数は0.37日となっています。手術後は早期から症状が回復できるので、平均術後在院日数は8.37日と比較的短期間で退院となっています。
 2番目に多い手術は、脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)です。脳動脈瘤に対して行うもっとも一般的な手術です。未破裂の脳動脈瘤に対して行う場合と、破裂の脳動脈瘤に対して行う場合があります。平均在院日数は未破裂と破裂では異なりますが、この手術に対する平均術後日数は26.77日となっています。また、栃木県は脳卒中(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、一過性脳虚血発作など)の発症数が多く、当院でも脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血の患者さんが救急搬送されます。意識障害や急性水頭症などの合併症、片麻痺などの後遺症をおこすことも多く、転院率は54.55%と高くなっています。
 3番目に多い手術は、脳血管内手術(1箇所)です。脳動脈瘤や脳動静脈奇形などの血管異常に対して、脳血管内にカテーテルを入れ、その凝固を目的にプラチナコイルを挿入します。
 4番目に多い手術は、頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの)です。頭部外傷や脳卒中(脳出血など)による脳内血腫に対して行います。緊急で行うことが多いため、平均術前日数は0.27日となっています。脳出血は麻痺などの神経症状が残る場合も多く、退院後も継続してリハビリを行う必要があります。そのため、転院率は81.82%と高くなっています。
 5番目に多い手術は、頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの)です。脳腫瘍に対して行う手術です。脳の機能に影響が大きい部位の腫瘍や大きな腫瘍を摘出する場合は、非常に高い技術が求められます。
心臓血管外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈)      60     1.85     9.25     1.67    75.93  
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈)      53     4.57    21.40    15.09    70.96  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術      36     1.14     6.31     0.00    72.75  
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの)      35     1.86     3.09     0.00    73.09  
K597-2 ペースメーカー交換術      33     0.03     1.09     0.00    72.42  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。

【解説】
 心臓血管外科で多い手術の上位2つは、ステントグラフト内挿術です。腹部大動脈瘤や腹部大動脈瘤破裂に対して行うものが最も多く、次いで胸部大動脈瘤、解離性胸部大動脈瘤に対して行うものとなっています。ステントグラフト手術は、経カテーテル的に人工血管を留置し、血管を内側から補強することで動脈瘤の破裂を防ぎます。高齢者や高血圧、冠動脈疾患などの合併症を持つ患者さんにとって、開胸・開腹手術は負担が大きく危険を伴うため、患者さんへの負担が少ないステントグラフト手術が注目されています。高齢者でも手術が行えるため、平均年齢が腹部大動脈では75.93、胸部大動脈では70.967歳と高くなっています。また、胸部大動脈では、解離性や破裂している重症な患者さんが多く、転院率も15.09%と高くなっています。
 3番目に多い手術は、四肢の血管拡張術・血栓除去術です。主に下肢の閉塞性動脈硬化症に対して行います。閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化により血管内腔が狭窄または閉塞して、それより末梢領域に虚血をきたす疾患です。そのため、大腿を穿刺し、カテーテルを用いて狭窄や閉塞部分を貫通し、バルーンカテーテルで拡張します。
 4番目に多い手術は、血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの)です。主に、腸骨動脈瘤に対して行います。
 5番目に多い手術は、ペースメーカー交換術です。ペースメーカーのバッテリー消耗や、電気回路の故障などの場合に行います。入院当日に手術を行い、翌日退院となります。
耳鼻咽喉科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出)      59     1.03     4.68     0.00    21.53  
K319 鼓室形成手術      43     1.33     5.19     0.00    45.09  
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除)      28     1.43     5.50     0.00    51.86  
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの)      26     1.19     2.38     0.00    68.85  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)      25     1.32     5.24     0.00    53.28  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。

【解説】
 耳鼻咽喉科で最も多い手術は、口蓋扁桃手術(摘出)です。急性扁桃炎を繰り返す慢性扁桃炎や扁桃肥大による嚥下障害・呼吸障害(睡眠時無呼吸症候群など)に対して行う手術です。比較的に若い年齢の患者さんが多く、平均年齢は21.53歳となっています。また、クリニカルパスを適用しているため、平均術後日数が4.68日と短くなっています。
 2番目に多い手術は、鼓室形成手術です。真珠腫性中耳炎・慢性中耳炎に対して、病巣を除去するとともに、鼓膜・耳小骨連鎖を再建し、聴力の改善を目的としています。
 3番目に多い手術は、甲状腺悪性腫瘍手術(切除)です。甲状腺癌に対して行い、腫瘍を含め周囲の甲状腺を切除する程度から、片葉切除まで行う場合があります。
 4番目に多い手術は、喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの)です。喉頭良性腫瘍に対して行う手術です。また、喉頭悪性腫瘍に対して診断・検査目的でも行います。クリニカルパスを適用しているため、平均術前日数は1.19日、平均術後日数は2.38日と短くなっています。
 5番目に多い手術は、内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)です。慢性副鼻腔炎や副鼻腔真菌症、術後性上顎のう胞に対して行う手術です。
産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開)     148     3.49     6.06     0.00    34.31  
K877 子宮全摘術     135     1.52     6.24     0.00    48.50  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開)     130     2.97     6.88     0.77    32.50  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの)      93     0.97     4.02     0.00    38.68  
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式)      72     1.51     6.06     0.00    36.83  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。

【解説】
 産婦人科で最も多い手術と3番目の手術は、帝王切開術です。帝王切開術は、子宮を切開して胎児を娩出させる手術で、最も多い選択的帝王切開は、骨盤位(逆子)や既往帝王切開後妊娠(以前に帝王切開をしたことがある)に対して、事前に手術日を決めて行います。また、3番目に多い緊急帝王切開は、胎児機能不全(胎児仮死)や胎児回旋異常、前期破水など分娩時の合併症に対して、緊急的に行います。最近では、ハイリスク妊娠が増えたこと、児に対してより安全性を求めるようになったこと、日本においても訴訟が増えていることなどから、徐々に増加傾向にあります。
 2番目に多い手術は、子宮全摘術です。子宮筋腫や子宮癌、子宮頸部異形成などに対して行う手術です。
 4番目に多い手術は、子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの)です。卵巣のう腫に対して行う手術です。
 5番目に多い手術は、子宮筋腫摘出(核出)術(腹式)です。子宮筋腫に対して行う手術です。
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)     553     1.01     1.03     0.00    74.76  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)      31     1.68     7.65     0.00    63.77  
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -  
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -  
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートのないもの) - - - - -  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。
 ◇3位以下のKコードについては、患者数10症例未満のため各項目を非公開としています。

【解説】
 眼科で最も多い手術は、水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)です。白内障に対して行う手術です。片眼の場合2泊3日のクリニカルパスを適用しているため、平均術前日数は1.01日、平均術後日数は1.03日となっています。また、白内障は高齢者に多いため、平均年齢は74.76歳となっています。
 2番目に多い手術は、硝子体茎顕微鏡下璃断術(網膜付着組織を含むでもの)です。裂孔原生網膜剥離や増殖性糖尿病網膜症、網膜前膜などの患者さんに対して行う手術です。
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)     186     1.81     3.69     0.54    72.38  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術     116     0.52     4.73     1.72    67.41  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの)     110     1.26     2.41     0.00    57.75  
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術      38     2.03    12.34     0.00    69.76  
K7981 膀胱結石、異物摘出術(経尿道的手術)      26     2.23     2.08     3.85    67.15  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。

【解説】
 泌尿器科で最も多い手術は、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)です。早期に内視鏡で発見された、浸潤性でない膀胱癌に対して行う手術です。内視鏡的に経尿道的切除術を行うため、平均術後日数は3.69日と短くなっています。
 2番目に多い手術は、経尿道的尿管ステント留置術です。尿管狭窄や水腎症、急性腎盂腎炎などに対して行う手術です。経尿道的にカテーテルを留置し、尿の停滞を解除します。また、尿管狭窄に対しては、経尿道的にバルーンで拡張します。緊急入院で入院当日に手術を行う場合が多く、平均術前日数は0.52日となっています。また、経尿道的な手術のため、平均術後日数は4.73日と短くなっています。
 3番目に多い手術は、経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの)です。腎結石症や尿管結石症に対して行う手術です。経尿道的に内視鏡を挿入し、超音波やレーザーなどで結石を破砕し、バスケットワイヤーカテーテル等を用いて摘出します。クリニカルパスを適用しているため、平均術後日数は2.41日と短くなっています
 4番目に多い手術は、腎(尿管)悪性腫瘍手術です。腎癌や尿管癌に対して行う手術です。
 5番名に多い手術は、膀胱結石、異物摘出術(経尿道的手術)です。膀胱結石や尿道結石に対して行う手術です。
救急科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術)      12     0.00    24.00     8.33    49.00  
K386 気管切開術 - - - - -  
K636 試験開腹術 - - - - -  
K6402 腸間膜損傷手術(腸管切除を伴うもの) - - - - -  
K636-2 ダメージコントロール手術 - - - - -  
【集計方法と定義】
 ◇診療科別に手術件数の多い順に3術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
 ◇手術術式の点数コード(Kコード)により集計していますが、輸血関連(K920$)、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は除外しています。
 ◇術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日まで日数としています。
 ◇2位以下のKコードについては、患者数10症例未満のため各項目を非公開としています。
 ◇交通事故や労災などによる保険外診療については、集計から除外しています。

【解説】
 救急科で最も多い手術は、血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術)です。外傷(骨折、臓器損傷)などによる動脈損傷に対して行う手術です。大腿動脈などから経皮的にカテーテルを挿入し、目的とする血管まで進め、この血管を特殊な物質で途絶させる方法です。出血によるショック状態となることがあるため、緊急で行われること多いため、平均術前日数は0.00日となっています。また、他の損傷も伴うことが多いため、転院率は8.33%となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 - -
異なる - -
180010敗血症同一      74     0.45
異なる      17     0.10
180035その他の真菌感染症同一 - -
異なる - -
180040手術・処置等の合併症同一      10     0.06
異なる - -
【集計方法】
 ◇医療資源最傷病名が播種性血管内凝固(DIC)、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症について、入院契機病名(DPC6桁レベル)の同一性の有無を区別して症例数を集計しています。
 ◇発生率は各症例数の全退院患者数に対する割合を示しています。
 ◇「同一性の有無」とは、各医療資源最傷病の症例(DPC6桁レベル)について、入院契機傷病名に対するICD10コードが、医療資源最傷病名に対応するICDコードに該当している場合は「同一」となります。
 ◇患者数が10症例未満については、各項目を非公開としています。
  
【解説】
 敗血症は、感染に起因した全身性炎症反応症候群(SIRS)であり、血液培養を含む各種培養検査を施行し、原因菌確認と原発感染巣の確認を行う必要があります。原因菌には、肺炎球菌や溶連菌、MRSAなどがあります。多臓器不全の症状(敗血症性ショック)が出現することもあり、厳密な循環管理や、必要に応じて昇圧剤の投与を行う場合もあります。
 入院時より発症している「入院契機と同一」の患者さんが多く、発生率は0.45%です。敗血症性ショックを起こしている重症な患者さんも多く、ガンマグロブリン投与や人工呼吸を行います。
 また「入院契機と異なる」患者さんの発生率は0.10%です。手術後などの合併症として発症する場合があり、多数の傷病を持っている患者さんは重症化することもありますが、発症した場合は各専門科と連携をとり集中的な治療を行っています。また、当院では救急救命センターを併設しているため、他の病院から重症な患者さんを紹介されることも多くあります。
 手術・処置等の合併症では、CT撮影時の造影剤によりショックをおこした患者さんや、がん治療の抗がん剤によるアレルギー症状をおこした患者さん、予防接種後の発熱などの患者さんです。そのため「入院契機と同一」になり、発生率は0.06%です。
更新履歴
2017年9月28日
更新しました