ロボット手術室

より質の高い手術を低侵襲に
ロボット支援手術は従来の腹腔後手術を医療用ロボットの活用により進化させた最新手術式です。腹腔鏡手術で使用していた長い鉗子がロボットアームに変わったことで、我々の手の動き以上の自由な動きが再現できるようになり、より繊細で正確な作業をすることができるようになりました。最新式のカメラやモニターにより高倍率かつ3D映像で細かい血管や神経なども認識しながら手術できるようになりました。これらにより、精度の高い安全な手術が可能になりました。

3D HDによる高倍率視野
写真 ダヴィンチ 

高倍率3D HD技術により、医師が覗きこむモニターは立体的な手術部位の拡大画像が鮮明に映し出されます。

 

 

 

 

 

ENDOWRIST インストゥルメント

画像 手

 

手首を持つインストゥルメントは、人間の手より大きな可動域と手ぶれ補正により、医師は安定した自然な動きで手術を行うことが可能です。

 

 

 

シリーズ4代目となる最新式ダヴィンチXi
ダヴィンチXi
①サージョンコンソールと呼ばれる操縦席に座り、3D画像を見ながら手元のコントローラーを操作します。
    ②ペイシェントカートの4本のロボットアームにその動きが伝わります。
    ③ビジョンカートのモニターに手術中の画像が映し出され、手術スタッフも同じ画像が共有されます。
  • 画像 ダヴィンチ集合
  • ①サージョンコンソール   ②ペイシェントカート  ③ビジョンカート