循環器内科

研究実績




2014年以前の実績はこちら2014年以前の実績はこちら

学会発表
演題名演者発表年月日学会名
Long-term Outcomes in Patients with Cancer Undergoing Percutaneous Coronary Intervention:Analysis from the Keio Interhospital Cardiovascular Studies (KiCS) Registry 遠藤彩佳
澤野充明
池村修寛
秋葉庸平
武井眞
平田直己
鈴木健之
長谷川祐
高橋寿由樹
中川晋
沼澤洋平
鈴木雅裕
野間重孝
林田健太郎
福田恵一
香坂俊
2018.3 第82回日本循環器学会学術集会
Impact of Blood Transfusion on Clinical Outcomes among Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention in a Japanese Multicenter Registry Numasawa Y
Ueda I
Yamazaki H
Tabei R
Kuno T
Kodaira M
Noma S
Suzuki M
Fukuda K
Kohsaka S
2018.3 第82回日本循環器学会学術集会
Transradial Coronary Intervention in Patients with Advanced Chronic Kidney Disease Yashima F
Sawano M
Inohara T
Numasawa Y
Suzuki M
Shimoji K
Ueno K
Noma S
Kohsaka S
Fukuda K
2018.3 第82回日本循環器学会学術集会
The Safety of Real-world PCI in Elderly Patients Akiba Y
Endoh A
Ikemura N
Sawano M
Takei M
Hirata N
Suzuki K
Hasegawa T
Takahashi T
Nakagawa S
NumaSawa Y
Suzuki M
Noma S
Hayashida K
Fukuda K
Kohsaka S
2018.3 第82回日本循環器学会学術集会
Application of Early Invasive Strategies in Non-ST Segment Elevation Acute Coronary Syndrome Patients and Its Relation to Renal Outcomes Ikemura N
Shiraishi Y
Sawano M
Ueda I
Numasawa Y
Noma S
Suzuki M
Yuasa S
Hayashida K
Momiyama Y
Fukuda K
Kohsaka S
2018.3 第82回日本循環器学会学術集会
Efficacy and Safety of Pre-Procedural Prasugrel in Asians Undergoing Percutaneous Coronary Intervention For Acute Coronary Syndrome: A Report From a Japanese Multicenter Registry Shoji S
Sawano M
Shiraishi Y
Ikemura N
Ueda I
Numasawa Y
Noma S
Suzuki M
Hayashida K
Yuasa S
Fukuda K
Kohsaka S
2018.3 American College of Cardiology 67th Annual Scientific Sessions
New procedure of removing ECMO cannula 川久保裕美子
茂木聡
須藤究
三浦陽平
西田裕明
八島史明
森健支
横田裕之
下地顕一郎
上野耕嗣
野間重孝
2018.3 第82回日本循環器学会学術集会
Learning less invasive TAVI Yashima F 2018.3 Tokyo Valves 2018
TAVI for bicuspid aortic stenotic valve with dilated ascending aorta Yashima F 2018.3 Tokyo Valves 2018
Nightmares in Asia: the worst complication session Yashima F 2018.3 Tokyo Valves 2018
Transradial Coronary Intervention in Patients with Advanced Chronic Kidney Disease (The Japan Cardiovascular Database-Keio Interhospital Cardiovascular Studies (JCD-KiCS)) Yashima F
Sawano M
Inohara T
Numasawa Y
Suzuki M
Shimoji K
Ueno K
Noma S
Fukuda K
Kohsaka S
2018.3 第82回日本循環器学会学術集会
悩ましかった症例 石灰化を伴う屈曲部のPCI時に、ガイドワイヤーがショートカットした場合の対処法 横田裕之 2018.2 第47回TCIC
多方向からの透視がwire通過に有用であったLAD In-stent CTOの一例 須藤究
下地顕一郎
川久保裕美子
三浦洋平
西田裕明
森健支
八島史明
横田裕之
上野耕嗣
野間重孝
2018.1 第43回日本心血管インターベンション治療学会東北地方会
Jailed Corsair Techniqueが側枝保護に有用であった左前下行枝近位部狭窄の一例 須藤究
下地顕一郎
川久保裕美子
三浦洋平
西田裕明
森健支
八島史明
横田裕之
上野耕嗣
野間重孝
2018.1 第43回日本心血管インターベンション治療学会東北地方会
Focus On Imaging_TAVI CT 八島史明 2017.11 ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2017
The clinical impact of in-hospital heart failure exacerbation after TAVI Yashima F
Yamamoto M
Watanabe Y
Naganuma T
Shirai S
Araki M
Tada N
Yamanaka F
Shimizu H
Fukuda K
Hayashida K
2017.11 the OCEAN-TAVI registry. AHA 2017
RCA PCI後のRV branch slow flowによって右室梗塞をきたし、翌日CPAとなりPCPS挿入にて救命した1例 森健支 2017.11 栃木県インターベンション研究会
母趾骨髄炎を発症したATA CTOに対して、Retrograde approachと骨掻爬術にて救肢した1例 森健支
川久保裕美子
須藤究
三浦陽平
西田裕明
八島史明
横田裕之
下地顕一郎
上野耕嗣
野間重孝
2017.11 Complex Peripheral Angioplasty Conference
Jailed Corsair techniqueが有効性を示した下壁心筋梗塞後残存の左主幹部分岐部病変 横田裕之
下地顕一郎
川久保裕美子
須藤究
三浦陽平
西田裕明
八島史明
森健支
上野耕嗣
野間重孝
2017.11 ARIA2017
Discharge Non-Prescription of Statins and Renin-Angiotensin-Aldosterone Inhibitors Associated With Two-Year Mortality in Japanese Percutaneous Coronary Intervention Patients: Report From a Prospective Multicenter Registry. Sawano M
Kohsaka S
Ueda I
Miyata H
Sueyoshi K
Numasawa Y
Suzuki M
Noma S
Hayashida K
Yuasa S
Fukuda K
2017.11 American Heart Associations Scientific Sessions 2017
前拡張により形成されたと考えられる解離がstent留置によりstent両端へ進展した一例 須藤究 2017.10 第36回血管内イメージング研究会
LAD-CTO、高度石灰化RCAの2枝病変に対してPCIを施行し、難渋するものの完全血行再建しえた1例 西田裕明
下地顕一郎
川久保裕美子
須藤究
三浦洋平
森健支
八島史明
横田裕之
上野耕嗣
野間重孝
2017.10 第51回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
冠動脈CTがCTO entry同定に有用であった右冠動脈CTOの一例 須藤究
下地顕一郎
川久保裕美子
三浦洋平
西田裕明
森健支
八島史明
横田裕之
上野耕嗣
野間重孝
2017.10 第51回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
冠動脈CTでvery low attenuated plaqueを認め、PCI中に末梢塞栓を生じた3症例における検討 須藤究
下地顕一郎
川久保裕美子
三浦洋平
西田裕明
森健支
八島史明
横田裕之
上野耕嗣
野間重孝
2017.10 第51回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
A case of subacute thrombosis (SAT) after PCI to STEMI Yokota H
Shimoji K
Kawakubo Y
Sudo K
Miura Y
Nishida H
Yashima F
Mori T
Ueno K
Noma S
2017.10 CCT2017
CDTの追加治療が有効であった急性末梢動脈閉塞の2症例 森健支
川久保裕美子
須藤究
三浦陽平
西田裕明
八島史明
横田裕之
下地顕一郎
上野耕嗣
野間重孝
2017.10 第51回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会
RCA PCI後のRV branch slow flowによって右室梗塞きたし、翌日CPAとなりPCPSを挿入して救命した1例 森健支
川久保裕美子
須藤究
三浦陽平
西田裕明
八島史明
横田裕之
下地顕一郎
上野耕嗣
野間重孝
2017.10 第51回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会
右内腸骨動脈起始異常を伴うMay-Thurner症候群に対し静脈内ステント留置術が有効であった1例 市原元気
上野耕嗣
川久保裕美子
須藤究
若林典弘
森健支
下地顕一郎
八木崇
野間重孝
2017.9 第245回日本循環器学会関東甲信越地方会
当院におけるプリズバインド初使用例に対する検討 上野耕嗣 2017.8 Network Meeting in 宇都宮 2017
A case of Rotational aterectomyfor diffuse severe calcification of LM-LAD 森健支
川久保裕美子
須藤究
市原元気
若林典弘
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
野間重孝
2017.7 Tokyo Percutaneous cardiovascular Intervention Conference TOPIC
SFA CTO患側の膝窩動脈に発症した急性血栓閉塞に対して一期的に治療した1例 森健支 2017.6 栃木県インターベンション研究会
Mid-term outcomes of underfilling and overfilling balloon-expandable transcatheter heart valves Yashima F
Hayashida K
Kakefuda Y
Arai T
Tanaka M
Yanagisawa R
Shimizu H
Fukuda K
2017.5 EuroPCR
母趾骨髄炎を発症したATA CTOに対して、Retrograde approachと骨掻爬術にて救肢した1例 森健支
川久保裕美子
須藤究
市原元気
若林典弘
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
野間重孝
2017.5 第50回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
CKDを合併したLMTからLADのびまん性病変に対し19.5mLの造影剤で治療し得た一例 須藤究
下地顕一郎
川久保裕美子
市原元気
若林典弘
森健支
上野耕嗣
八木崇
野間重孝
2017.5 第50回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
Gaia Nextの特性が生かされたRCA CTO症例 下地顕一郎
川久保裕美子
須藤究
三浦陽平
西田裕明
八島史明
森健支
横田裕之
上野耕嗣
野間重孝
2017.5 第50回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
LM-LADのびまん性石灰化に対してRotablatorを施行した1例 森健支 2017.4 栃木県若手医師Rota研究会
CT所見をもとにしたwire escalation, de-escalationが奏功した閉塞期間20年以上のRCA CTO症例 下地顕一郎
川久保裕美子
須藤究
三浦陽平
西田裕明
八島史明
森健支
横田裕之
上野耕嗣
野間重孝
2017.4 KCJL (近畿心血管ジョイントライブ)
Incidence and Predictors of Stroke After Percutaneous Coronary Intervention in the era of Transradial Intervention. Shoji S
Kohsaka S
Ueda I
Sawano M
Ikemura N
Katsuki T
Hiraide T
Maekawa Y
Yuasa S
Hayashida K
Noma S
Suzuki M
Numasawa Y
Miyata H
Fukuda K
2017.3 第81回日本循環器学会学術集会
Baseline Hemoglobin Level and in-Hospital Outcomes in Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention A Report from Japanese Multicenter Registry Numasawa Y
Ueda I
Saito T
Yamazaki H
Tabei R
Kuno T
Kodaira M
Suzuki M
Noma S
Maekawa Y
Fukuda K
Kohsaka S
2017.3 第81回日本循環器学会学術集会
Real-Word Indication for Coronary Interventions in Patients with Left Ventricular Dysfunction and Its Short-term Clinical Outcome: A Report from KICS-PCI Registry Kimura M
Kohno T
Kohsaka S
Ueda U
Nakagawa S
Ohki T
Matsubara T
Noma S
Hayashida K
Yuasa S
Maekawa Y
Fukuda K
2017.3 第81回日本循環器学会学術集会
原発性鎖骨下静脈血栓症に対してカテーテル血栓溶解療法とエドキサバンが奏功した一例 市原元気
八木崇
川久保裕美子
須藤究
若林典弘
森健支
茂木聡
下地顕一郎
福本耕太郎
上野耕嗣
寺本洋之
野間重孝
2017.2 第243回日本循環器学会関東甲信越地方会
FFRにより治療方針が変更になったtandem病変の1例 森健支 2016.12 Physiological academy
薬物治療が奏功した拡張型心筋症の一例 木村寛子
八木崇
川久保裕美子
市原元気
須藤究
若林典弘
森健支
茂木聡
下地顕一郎
福本耕太郎
上野耕嗣
寺本洋之
野間重孝
2016.11 第56回栃木県総合医学会
OFDI stuckにより脱落したステントを、生検鉗子を用いて回収し得た1例 森健支
川久保裕美子
須藤究
市原元気
若林典弘
茂木聡
下地顕一郎
福本耕太郎
上野耕嗣
八木崇
2016.10 第49回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会
iFR SCOUTを使いこなす 茂木聡 2016.9 札幌ライブデモンストレーション2016
心不全を発症し、経皮的コイル塞栓術が有効であった冠動脈肺動脈瘻の1例 市原元気
森健支
茂木聡
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.9 第241回 日本循環器学会関東甲信越地方会
小径バルーン拡張で解離をきたし、stent留置により更にstent前後に解離の拡大が認められた症例 森健支 2016.9 第42回Tokyo Coronary Intervention Conference
Ultimate bros3の特徴がrewiringにきわめて功を奏したCTO2症例 下地顕一郎
川久保裕美子
市原元気
須藤究
森健支
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.9 Sapporo Live Demonstration Course2016
術前にCTでrotationを行うことによってantegrade wiringのrouteを決定することができたRCA CTO症例 Shimoji K
Kawakubo Y
Ichihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
CTをもとにrewiringを行いつうかに成功した高度石灰化を伴うLAD CTO症例 Shimoji K
Kawakubo Y
Ichihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
IVUS所見をもとにwire選択を行ったことが通過に重要であったLAD CTO症例 Shimoji K
Kawakubo Y
Ichihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
CTO PCIにおけるCTの活用方法 Shimoji K
Kawakubo Y
Ichihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
Glidesheath Slenderを用いて回旋枝のCTOをretrograde approachで治療した症例 Shimoji K
Kawakubo Y
Ichihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
Retrograde approachで必要最小限の造影剤を用いて血行再建を行ったLAD CTO症例 Shimoji K
Kawakubo Y
Ichihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
LADのtandemなCTOを逆行性アプローチを併用して治療した症例 Shimoji K
Kawakubo Y
Ichihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
リアルタイムにIVUSを観察しながら通過に成功したLAD CTO症例。 Shimoji K
Kawakubo Y
Ichihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
reverse wire techniqueによってPLとPD両方を温存しえたRCA CTO症例 Shimoji K
Kawakubo Y
Ichihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
LCX CTOを含む3枝病変に対して完全血行再建に成功した症例 Shimoji K
Kawakubo Y
Ichihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
LADのtandemなCTOを逆行性アプローチを併用して治療した症例 Shimoji K
Kawakubo Y
Ichihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
IVUSガイドPCIとOFDIガイドPCIの比較 Mogi S
Ichihara G
Yoshijima N
Kanaya M
Mori T
shimoji K
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
透析患者における出血性合併症とその特徴 Mogi S
Ichihara G
Yoshijima N
Kanaya M
Mori T
shimoji K
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
Comparison of real-world use of clopidogrel and prasugrel in acute coronary syndrome undergoing PCI. Mogi S
Ichihara G
Yoshijima N
Kanaya M
Mori T
shimoji K
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2016.7 第25回日本心血管インターベンション治療学会
Complete revascularization of heavily calcified 3VD including LCX and RCA CTO Shimoji K
Kawakubo Y
Ichihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 TOPIC2016 midnight conference
Revascularization of angiographically two tandem LAD-CTOs using retrograde approach Shimoji K
Kawaekubo Y
chihara G
Sudo K
Mori T
Mogi S
Ueno K
Yagi S
Teramoto H
Noma S
2016.7 TOPIC2016 midnight conference
A case of successfully treated distal embolism during EVT for in-stent occlusion with biopsy forceps 茂木聡
市原元気
吉島信弘
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.7 TOPIC 2016
A case of successfully treated heart failure due to coronary-pulmonary artery fistula by coil embolization 茂木聡
市原元気
吉島信弘
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.7 TOPIC 2016
左前下行枝閉塞、左主幹部血栓を認めた急性心筋梗塞の一例 八木崇
川久保裕美子
市原元気
須藤究
若林典弘
森健支
茂木聡
下地顕一郎
福本耕太郎
上野耕嗣
寺本洋之
野間重孝
2016.6 第3回栃木心血管インターベンション研究会
A stent re-restenosis case after DEB treatment. Mogi S 2016.5 EuroPCR 2016
血管内隔壁により対角枝閉塞をきたしたLotus root appearanceの1例 森健支 2016.5 OFDI Kanto Small Meeting
橈骨動脈アプローチで出血性合併症をきたした3症例 森健支
市原元気
吉島信宏
金谷允博
茂木聡
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.5 第48回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会
高度石灰化を伴うACSに対して、2期に分けて待機的にrotational atherectomyを施行することで安全に血行再建し得た1例 森健支
市原元気
吉島信宏
金谷允博
茂木聡
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.5 第48回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会
Complete revascularization of 3VD including LCX CTO. 下地顕一郎
川久保裕美子
市原元気
須藤究
森健支
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.5 第48回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会
Revascularization of angiographically two tandem LAD-CTOs using retrograde approach. 下地顕一郎
川久保裕美子
市原元気
須藤究
森健支
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.5 第48回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会
3D-OFDIを用いてUltimasterをculotte stentingした症例 茂木聡
市原元気
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.5 第48回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会
IVUS findings-based wire selection was a key in a successful antegrade LAD CTO procedure. 下地顕一郎
川久保裕美子
市原元気
須藤究
森健支
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.4 近畿心血管ジョイントライブ2016
閉塞距離の短いCTOであったがRetrograde approachにより対角枝を保護できた一例 森健支 2016.4 第20回Kanto PCI Expert Conference
IVUS findings-based wire selection was a key in a successful antegrade LAD CTO procedure. 下地顕一郎
市原元気
吉島信宏
金谷允博
森健支
茂木聡
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.4 KCJL 2016
冠動脈CTの事前の解析が有効であったLCX CTO2症例。 下地顕一郎
市原元気
吉島信宏
金谷允博
森健支
茂木聡
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.4 KCJL midnight conference in Kyoto 2016 
Lipid Profile and Discharge Statin Use in Japanese Cardiovascular Patients. A Report from the Large-Scale Multicenter PCI Registry. Sawano M
Ueda I
Shiraishi Y
Numasawa Y
Sueyoshi K
Suzuki M
Noma S
Maekawa Y
Fukuda K
Kohsaka S
2016.3 第80回日本循環器学会学術集会
Factors Associated with Delay in Door-to-Balloon Time in Japan; A Report from Contemporary Multicenter PCI Registry. Ikemura N
Kohsaka S
Miyata H
Ueda I
Sawano M
Shiraishi Y
Noma S
Suzuki M
Numasawa Y
Yuasa S
Maekawa Y
Momiyama Y
Fukuda K
2016.3 第80回日本循環器学会学術集会
Incidental Chronic Total Occlusion in ST Elevation Myocardial Infarction. Katsuki T
Kohsaka S
Miyata H
Ueda I
Sawano M
Shiraishi Y
Noma S
Numasawa Y
Ohki T
Nakamura I
Hayashida K
Maekawa Y
Fukuda K
2016.3 第80回日本循環器学会学術集会
Trends in Complication Rates during and after Percutaneous Coronary Intervention. A Report from a Japanese Multicenter Registry. Numasawa Y
Kohsaka S
Ueda I
Hase H
Yamazaki H
Tabei R
Kuno T
Kodaira M
Motoda H
Suzuki M
Noma S
Maekawa Y
Fukuda K
2016.3 A Report from a Japanese Multicenter Registry. 第80回日本循環器学会学術集会
Use of Intravascular Ultrasound in theModern Percutaneous Coronary Intervention.A Report from a Japanese Multicenter Registry. Kuno T
Sawano M
Numasawa Y
Ueda I
Suzuki M
Noma S
Nakamura I
Negishi K
Ishikawa S
Maekawa Y
Fukuda K
Kohsaka S
2016.3 第80回日本循環器学会学術集会
PCPS 下の血栓吸引術で救命した急性肺動脈血栓塞栓症の一例。 市原元気
吉島信宏
金谷充博
森健支
茂木聡
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.2 第239回 日本循環器学会関東甲信越地方会
85歳まで生存が確認された左室緻密化障害の一例。 金谷允博
八木崇
市原元気
吉島信宏
森健支
茂木聡
下地顕一郎
上野耕嗣
寺本洋之
野間重孝
2016.2 第239回 日本循環器学会関東甲信越地方会
三尖弁感染性心内膜炎に椎体間板炎を合併した一例。 吉島信宏
八木崇
市原元気
金谷充博
森健支
茂木聡
下地顕一郎
上野耕嗣
寺本洋之
野間重孝
2016.2 第239回 日本循環器学会関東甲信越地方会
A case of heavy calcified SFA CTO treated with biopsy forceps. 茂木聡
市原元気
吉島信弘
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.2 JET2016
分岐部病変に3D-OFDIが役立った一例。 茂木聡
市原元気
吉島信弘
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.1 第26回日本心血管画像動態学会
一度目の手技失敗に対する考察が成功につながった 高度石灰化を伴う RCA CTO 症例。 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2016.1 KCC 2016
best case受賞
経皮的冠動脈形成術後にコレステロール塞栓症を発症した1例。 吉島信弘
茂木聡
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.12 第620回日本内科学会関東地方会
Ultimasterの実力と期待。 茂木聡
市原元気
吉島信弘
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.12 第238回日本循環器学会関東地方会
Expert’s tips and tricks. 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.11 第19回 KPEC
BES ISRに対してPCBを使用した一例。 茂木聡
市原元気
吉島信弘
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.11 第22回日本心血管インターベンション治療学会 九州沖縄地方会
IVUS でリアルタイムに wire tip を観察することで通過に成功した CTO 症例。 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.10 第47回関東甲信越地方会
Retrograde approachに失敗し、antegradeでの通過にwire選択とIVUS所見が重要であったLAD CTO 症例。 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.10 第47回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
IVUS 所見から AV, PL 分岐部を retrograde の XT-R でブジー、その後 reverse wire technique で AV を確保し両方向の血行再建に通過に成功した RCA CTO 症例。 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.10 第47回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
IVUSガイドでCTO入口部の真腔をクロスできたがstiff wireで偽腔に迷入してしまい、Neo3にて真腔をwire crossに成功した1例。 森健支
市原元気
吉島信宏
金谷允博
茂木聡
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.10 第47回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
Antegrade approachにより血腫をきたしST低下を認めたため、LCx atrial branchからのRetrograde approachに切換えbail outに成功した1例。 森健支
市原元気
吉島信宏
金谷允博
茂木聡
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.10 第47回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
ASO精査で指摘された、高度石灰化を伴うRCA CTOを含む3枝病変及び左SFA CTOに対して5期に分けて完全血行再建をした1例。 森健支
市原元気
吉島信宏
金谷允博
茂木聡
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.10 第47回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
LCx入口部の石灰化に対しRotational atherectomy を行ったところ、Rota burrがLAD方向に偏位しRota wireの断裂をきたし、Soutenir CVにて回収に成功した1例。 森健支
市原元気
吉島信宏
金谷允博
茂木聡
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.10 第47回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
経橈骨動脈アプローチでPCIとBAVを施行した一例。 茂木聡
市原元気
吉島信弘
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.10 第47回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
iFR SCOUT Tandem lesion case. 茂木聡
市原元気
吉島信弘
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.10 CCT 2015
Complete revascularization of 3VD including RCA CTO and its feeding heavily calcified LAD using minimal contrast media. Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.10 CCT 2015
CTでの石灰化の分布の把握がwire通過に寄与したLCX, LAD CTO症例。 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.9
best case受賞
Sapporo Live Demonstration Course 2015
RCA CTO とそのfeederである高度石灰化を伴うLADを含む 3 枝病変に対して必要最小限の造影剤を 使用して完全血行再建を行った症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
RCA CTO とそのfeederである高度石灰化を伴うLADを含む 3 枝病変に対して必要最小限の造影剤を 使用して完全血行再建を行った症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
一度閉塞した回旋枝がretrograde approachで鈍縁枝を再疎通させたことによって長期開存できた症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
IVUS-guided rewiring technique も奏功しなかったがretrograde approachで通過したLAD CTO症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
IVUS-guided rewiring technique を用いてwire injuryを bail-outした症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
IVUS-guided rewiring も奏功しなかったがretrograde approachで通過したLAD CTO症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
ガイディングカテーテルによる入口部損傷を起こしたがIVUUS guided wiringとretrograde approachでbailoutしたRCA CTO症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
ステントでjailされたLAD CTOをretrograde approachで再建できた症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
Wire injuryをretrograde approachでbailoutしたもののretrograde wireが自己心拍で通過してしまった症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
Retrograde systemをMiracle Neo3で安全にsubintimaに誘導しCTO内でreverse CARTが成立、側枝が温存できたLAD CTO症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
Wire injuryをretrograde approachでbailoutしたもののretrograde wireが自己心拍で通過してしまった症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
RCA CTOを再建後EVARを行い、さらにRCA由来のcollateral channel を用いてLAD CTO をretrograde approachで再建した症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
LCX, RCA CTOを含む高度石灰化を伴う3枝病変に対して完全血行再建を行った症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
Retrograde approachを行うことによってAV, PL両分枝を温存できたRCA CTO症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
RCA CTOを含む3枝病変にretrograde approachで完全血行再建を行った症例。 Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
Transradial double balloon aortic valvuloplasty; Radial de BAV. Mogi S
Ichihara G
Yoshijima N
Kanaya M
Mori T
shimoji K
Koji U
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
New hemostasis method of removal PCPS cannula. Mogi S
Ichihara G
Yoshijima N
Kanaya M
Mori T
shimoji K
Koji U
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
Long term outcome of zotarolimus-eluting stents in a prospective registry of ST-elevation myocardial infarction patients. Mogi S
Ichihara G
Yoshijima N
Kanaya M
Mori T
shimoji K
Koji U
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
One year outcome of Pt-Cr EES and BES in a prospective registry of STEMI patients. Mogi S
Ichihara G
Yoshijima N
Kanaya M
Mori T
shimoji K
Koji U
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
A case of successfully treated CLI and MVD and AS with intensive percutaneous intervention. Mogi S
Ichihara G
Yoshijima N
Kanaya M
Mori T
shimoji K
Koji U
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
An embolic acute myocardial infarction case which could not recognize stenosis by angiogram but could confirm left main thrombus by coronary CT and IVUS. Mogi S
Ichihara G
Yoshijima N
Kanaya M
Mori T
shimoji K
Koji U
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集
Iliac CTOに対するEVTで生じた合併症の一例。 茂木聡
市原元気
吉島信弘
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.7 TOPIC 2015
Comparison between OFDI guided PCI and IVUS guided PCI. 茂木聡
市原元気
吉島信弘
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.7 TOPIC 2015
Rotablatorで冠穿孔を起こしたがBail outに成功した一例。 茂木聡
市原元気
吉島信弘
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.7 TOPIC 2015
Leriche syndromeに対してEVTを施行した際ステント選択を工夫した一例。 茂木聡
市原元気
吉島信弘
金谷允博
森健支
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.7 TOPIC 2015
IVUS所見がwire選択に重要であったLAD CTO症例。 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.7 第39回 TCIC
Complete revascularization of heavily calcified 3VD including LCX and RCA CTO. Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.7 TOPIC midnight conference
Bailout methods of wire and guiding catheter injury using IVUS guided rewiring technique (lecture). Shimoji K 2015.7 TOPIC
Complete revascularization of heavily calcified 3VD including LCX and RCA CTO. Shimoji K
Katsuki R
Mori T
Kimura G
Mogi S
Ueno K
Yagi T
Teramoto H
Noma S
2015.6 CTO club
LCX, RCA CTOを含む高度石灰化を伴う3枝病変に対してPCIで完全血行再建を行った症例。 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.5 第5回豊橋ライブデモンストレーションコース, case conference
Angioguided-rewiringが失敗しIVUS-guided rewiringが奏功したLAD CTO症例。 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.5 第46回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
高度石灰化を伴う回旋枝と左前下行枝の病変に対して治療後再狭窄を繰り返した症例。 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.5 第8回中日本ケースレビューコース
CAGでは確認できなかった左冠動脈主幹部のPlaque ruptureによる多発血栓性心筋梗塞の1例。 森健支 2015.5 第1回栃木県インターベンション研究会
CAGでは確認できなかった左冠動脈主幹部のPlaque raptureによる多発血栓性心筋梗塞の1例。 森健支
勝木俊臣
木村剛
茂木聡
下地顕一郎
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.5 第46回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会
A case of successfully retrieval of dropped stent using homemade snare. Mogi S 2015.5 EuroPCR 2015
Vessel injuryをIVUS guided rewiringによってbailoutした2症例。 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.4 KCJL midnight conference in Kyoto 2015
RCA CTO case successfully recanalized after bailout of guiding catheter ostial injury using IVUS guided rewiring technique and retrograde approach. 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.4 KCJL 2014
FFR. 茂木聡 2015.4 Slender club JAPAN 2015
Angio-guided rewiring. 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
上野耕嗣
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.4 第18回 KPEC
原著論文・著書
論文名著者発表年掲載誌名
Aortic stenosis with right-sided aortic arch treated with transfemoral aortic valve implantation Yashima F
Hayashida K
Munakata M
Arai T
Shimizu H
Fukuda K
2019 Cardiovas Interv Ther 34(1):70-71
Characteristics and in-hospital outcomes in young patients presenting with acute coronary syndrome treated by percutaneous coronary intervention Hirota Y
Sawano M
Numasawa Y
Ueda I
Noma S
Suzuki M
Hayashida K
Yuasa S
Maekawa Y
Kohsaka S
Fukuda K
2018 Cardiovasc Interv Ther 33(2):154-162
Relation of Baseline Hemoglobin Level to In-Hospital Outcomes in Patients Who Undergo Percutaneous Coronary Intervention (from a Japanese Multicenter Registry) Yashima F
Hayashida K
Munakata M
Arai T
Shimizu H
Fukuda K
2018 Am J Cardiol 121(6):695-702
冷静な判断を求む 野間重孝、下地顕一郎 2018 Clear! ジャーナル四天王 800
派手さはないが重要な研究 野間重孝 2017 Clear! ジャーナル四天王 767
診断前確率・診断後確率とは?Bays理論の医療現場での活用 野間重孝 2017 Heart View 11(増):100-102
扱っている題材は大変真面目なものであるが 野間重孝 2017 Clear! ジャーナル四天王 726
Patterns of statin non-prescription in patients with established coronary artery disease: A report from a contemporary multicenter Japanese PCI registry Sawano M
Kohsaka S
Abe T
Inohara T
Maekawa Y
Ueda I
Sueyoshi K
Suzuki M
Noma S
Numasawa Y
Miyata H
Fukuda K
Smolderen KG
Spertus JA
2017 PLoS One. 12(8):e0182687
Transcatheter aortic valve implantation in patients with an extremely small native aortic annulus: The OCEAN-TAVI registry Yashima F
Yamamoto M
Tanaka M
Yanagisawa R
Arai T
Shimizu H
Fukuda K
Watanabe Y
Naganuma T
Shirai S
Araki M
Tada N
Yamanaka F
Hayashida K
2017 Int J Cardiol. 240:126-131
Barriers Associated With Door-to-Balloon Delay in Contemporary Japanese Practice Ikemura N
Sawano M
Shiraishi Y
Ueda I
Miyata H
Numasawa Y
Noma S
Suzuki M
Momiyama Y
Inohara T
Hayashida K
Yuasa S
Maekawa Y
Fukuda K
Kohsaka S
2017 Circ J 81(6):815-822
Outcomes After Percutaneous Coronary Intervention of Acute Coronary Syndrome Complicated With Cardiopulmonary Arrest (from a Japanese Multicenter Registry) Numasawa Y
Sawano M
Miyata H
Ueda I
Noma S
Suzuki M
Kuno T
Kodaira M
Maekawa Y
Fukuda K
Kohsaka S
2017 Am J Cardiol. 2017 119(8):1173-1178
臨床的価値がみいだせない。 野間重孝 2017 Clear! ジャーナル四天王:657
責任病変の考え方 茂木聡 2017 Medicina 2016
Incidence and predictors of bleeding complications after percutaneous coronary intervention. Numasawa Y
Kohsaka S
Ueda I
Miyata H
Sawano M
Kawamura A
Noma S
Suzuki M
Nakagawa S
Momiyama Y
Fukuda K
2017 J Cardiol 69(1):272-279
Use of renin-angiotensin system inhibitors after coronary interventions in patients with the guideline-based indications: A report from a Japanese multicenter registry. Ikemura N
Sawano M
Miyata H
Ueda I
Numasawa Y
Noma S
Suzuki M
Momiyama Y
Maekawa Y
Fukuda K
Kohsaka S
2017 Int J Cardiol 225:362-364
Barriers Associated With Door-to-Balloon Delay in Contemporary Japanese Practice. Ikemura N
Sawano M
Shiraishi Y
Ueda I
Miyata H
Numasawa Y
Noma S
Suzuki M
Momiyama Y
Inohara T
Hayashida K
Yuasa S
Maekawa Y
Fukuda K
Kohsaka S
2017 Circ J 10:1253
Outcomes After Percutaneous Coronary Intervention of Acute Coronary Syndrome Complicated With Cardiopulmonary Arrest (from a Japanese Multicenter Registry). Numasawa Y
Sawano M
Miyata H
Ueda I
Noma S
Suzuki M
Kuno T
Kodaira M
Maekawa Y
Fukuda K
Kohsaka S
2017 Am J Cardiol 119(8):1173-1178
「症状別病気解説」「急性心膜炎」 八木崇 2016 恩賜財団済生会ホームページ
コメント①研究目的が絞り込まれた明快な研究 野間重孝 2016 J-Clear編集『脳・心・腎血管疾患クリニカル・トライアル』:54
MESA Air試験:批判しづらい研究? 野間重孝 2016 Clear! ジャーナル四天王
超高齢者の心筋梗塞 八木崇
野間重孝
2016 Medicina
いま一度ガイドラインの功罪を考える 野間重孝 2016 Clear! ジャーナル四天王
Retroperitoneal Bleeding and Arteriovenous Fistula after Percutaneous Coronary Intervention Successfully Treated with Intravascular Ultrasound-guided Covered Stent Implantation. Mogi S
Maekawa M
Fukuda K
Noma S
2016 Intern Med 55(11):1467-1469
責任病変の考え方 茂木聡 2016.4 Medicina 2016年4月号 53(5):638-641
研究目的が絞り込まれた明快な研究 野間重孝 2016.2 Clear! ジャーナル四天王
研究目的が絞り込まれた明快な研究 野間重孝 2015.12 Clear! ジャーナル四天王
仮説検定としては意味があるが独創的とは言い難い 野間重孝 2015.9 Clear! ジャーナル四天王
医師指導型研究の面目躍如 野間重孝 2015.7 Clear! ジャーナル四天王
新しい結論がないことが結論 野間重孝 2015.4 Clear! ジャーナル四天王
栃木県済生会宇都宮病院(病院紹介) 野間重孝 2015 循環器専門医23(1):192-132
Real-World Use and Appropriateness of Coronary Interventions for Chronic Total Occlusion (from a Japanese Multicenter Registry). Inohara T
Kohsaka S
Miyata H
Ueda I
Hayashida K
Maekawa Y
Kawamura A
Numasawa Y
Suzuki M
Noma S
Nishi Y
Fukuda K.
2015 Am J Cardiol 15:858-64
Angiographic lesion complexity score and in-hospital outcomes after percutaneous coronary intervention. Endo A
Kawamura A
Miyata H
Noma S
Suzuki M
Koyama T
Ishikawa S
Nakagawa S
Takagi S
Numasawa Y
Fukuda K
Kohsaka S; JCD-KICS Investigators.
2015 Plos One 10(6)
Impact of Body Mass Index on In-Hospital Complications in Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention in a Japanese Real-World Multicenter Registry. Numasawa Y
Kohsaka S
Miyata H
Kawamura A
Noma S
Suzuki M
Nakagawa S
Momiyama Y
Naito K
Fukuda K
2015.4 Plos One 10(4)
Frequency and safety of intracoronary acetylcholine provocation testing compared to coronary interventions.Analysis of a contemporary Japanese multicenter PCI registry. Kohno T
Kohsaka S
Ueda I
Noma S
Suzuki M
Numasawa Y
Akaishi M
Maekawa I
Miyata H
Fukuda K
2015.3 Int J Cardiol 183:171-172
Gender differences in in-hospital clinical outcomes after percutaneous coronary in coronary interventions: an insight from a Japanese multicenter registry. Numasawa Y
Kohsaka S
Miyata H
Noma S
Suzuki M
Ishikawa S
Nakamura I
Nishi Y
Ohki T
Negishi K
Takahashi T
Fukuda K
2015.1 PLoS One 10(1)
講演・その他
講演内容演者講演年月日学会・講演会名
The award best scientific research 茂木聡 2015.7 TOPIC 2015
特発性拡張型心筋症に関する病気の理解と療養生活上の注意点について 八木崇 2015.6 難病医療生活相談会(宇都宮市保健所主催)
Angio-guided rewiring 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.4 第18回 KPEC(Kanto PCI expert conference)
虚血性心疾患の臨床 八木崇 2015.1 芳賀郡医師会学術講演会
Complete revascularization of heavily calcified 3VD including LCX and RCA CTO 八木崇 2015.1 第10回PCIカンファレンス in BOSO
冠動脈疾患の現状-当院の現状も踏まえて- 下地顕一郎
勝木俊臣
森健支
木村郷
茂木聡
八木崇
寺本洋之
野間重孝
2015.1 動脈硬化性疾患フォーラム