呼吸器内科

研究実績

学会発表
演題名演者発表年月日学会名
The Berlin definition criteria of ARDS severiry is associated with prognosis and fibroproliferative change on high-resolution CT Kamo T 2018.2.25-28 SCCM congress 2018
防水スプレー吸入後に生じた急性薬剤性肺障害が自然経過で軽快した一例 平林慧
荒井大輔
光石彬史
加茂徹郎
正木克宜
篠田裕美
高橋秀徳
千代谷厚
仲地一郎
2018.2.10 第639回日本内科学会関東地方会
タイ出身者に発症した国内産の蟹によるウェステルマン肺吸虫の1例 松村一希
正木克宜
千代谷厚
荒井大輔
尾原健太郎
萩原繁広
小林正規
丸山治彦
杉山広
仲地一郎
2017.11.19 栃木県総合医学会
お好み焼き粉内に2種のダニを認めたpancake syndromeの1例 杉浦祐太郎
正木克宜
萩原繁広
櫻井香
荒井大輔
高橋秀徳
小田尚幸
川上裕司
福永興壱
仲地一郎
泉学
2017.11.19 栃木県総合医学会
急性間質性肺炎治療中にScedosporium apiospermam皮膚感染症を認めた1例 光石彬史
荒井大輔
加茂徹郎
正木克宜
篠田裕美
高橋秀徳
千代谷厚
萩原繁広
長澤潤哉
仲地一郎
2017.11.4 第222回日本呼吸器学会関東地方会
The transitions of prognostic understanding and its associated factors in Japanese patients with advanced lung cancer and their caregivers Arai D
Nakachi I
Soejima K
Takeuchi M
Fujisawa D
Sato T
Naoki K
Kawada I
Yasuda H
Kobayashi K
Nukaga S
Masaki K
Inoue T
Hikima K
Nakamura M
Ishioka K
Oyamada Y
Funatsu Y
Terashima T
Miyao N
Sayama K
Keiko O
Sakamaki F
Saito F
Betsuyaku T
2017.10.15-18 18th world conference on lung cancer
実臨床での進行非小細胞肺癌142例に対するニボルマブの効果(多施設共同症例集積研究KLOG005) 小林慧悟
仲地一郎
猶木克彦
小山田吉孝
中村守男
井上卓
舘野博喜
坂巻文雄
佐山宏一
寺嶋毅
黄英文
西尾和三
齋藤史武
鈴木雄介
梅田啓
西野誠
荒井大輔
安田浩之
川田一郎
副島研造
別役智子
2017.10.14-15 第58回日本肺癌学会
Differential metabolic effect of anitiangiogenic agents in non-small cell lung cancer Masuzawa K
Arai D
Yasuda H
Sugiura Y
Nukaga S
Hamamoto J
Kagawa S
Soejima K
Betsuyaku T
2017.9.28-30 第76回日本癌学会学術総会
ニコチン依存症治療アプリ“CureApp禁煙”の有効性に関する検討-多施設共同単群介入研究:中間報告- 正木克宜
舘野博喜
森野英里子
渡邊梨里
関根一真
小野智裕
亀山直史
福永興壱
別役智子
2017.7.9 日本内科学会関東地方会
非侵襲的陽圧換気療法による口腔内潰瘍をきたした一例 金夏倫
正木克宜
千代谷厚
光石彬文
加茂徹郎
荒井大輔
篠田裕美
高橋秀徳
仲地一郎
2017.7.9 日本内科学会関東地方会
Intraoral ulcer due to non-invasive positive pressure ventilation: an overlooked complication. Masaki K
Chiyotani A
Sakurai K
Arai D
Takahashi H
Fukunaga K
Betsuyaku T
Nakachi I
2017.5.23 American Thoracic Society
Preliminary report of a smartphone application “CureApp” for smoking cessation Masaki K
Tateno H
Kameyama N
Satake K
Suzuki S
Muto T
Fukunaga K
Betsuyaku T
2017.5.23 American Thoracic Society
Characteristics of moderate to severe asthma with fungal sensitization. Masaki K
Fukunaga K
Matsusaka M
Kabata H
Tanosaki T
Mochimaru T
Kamatani T
Ohtsuka K
Baba R
Ueda S
Suzuki Y
Sakamaki F
Oyamada Y
Inoue T
Oguma T
Sayama K
Koh H
Nakamura M
Umeda A
Kamei K
Asano K
Betsuyaku T
2017.5.23 American Thoracic Society
Nivolumab投与後の姑息的胸部放射線照射が奏功した肺扁平上皮癌の1例 山崎実央
荒井大輔
櫻井香
正木克宜
高橋秀徳
千代谷厚
荒川和清
仲地一郎
2017.5.21 第219回日本呼吸器学会関東地方会
Practical effectiveness and safety of Nivolumab on advanced non-small cell lung cancer: a multicenter analysis Kobayashi K
Nakachi I
Naoki K
Oyamada Y
Nakamura M
Inoue T
Tateno H
Sakamaki F
Sayama K
Terashima T
Koh H
Nishino M
Arai D
Yasuda H
Kawada I
Soejima K
Betsuyaku T
2017.4.8-12 ESMO congress
タイ出身者に発症した国内産の蟹によるウェステルマン肺吸虫の1例 松村一希
正木克宜
千代谷厚
荒井大輔
尾原健太郎
萩原繁広
小林正規
丸山治彦
杉山広
仲地一郎
2017.3.11 第630回日本内科学会関東地方会
お好み焼き粉内に2種のダニを認めたpancake syndromeの1例 杉浦祐太郎
正木克宜
萩原繁広
櫻井香
荒井大輔
高橋秀徳
小田尚幸
川上裕司
福永興壱
仲地一郎
2017.3.11 第630回日本内科学会関東地方会
Ⅱ型呼吸不全で発症した抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の1例 冨保紗希
櫻井香
荒井大輔
正木克宜
高橋秀徳
千代谷厚
仲地一郎
吉井雅美
大島壮生
冨保和宏
2017.3.11 第630回日本内科学会関東地方会
進行肺癌患者とその家族の診断時における予後の理解と関連する諸因子の包括的解析 荒井大輔
佐藤崇
副島研造
竹内麻理
藤澤大介
扇野圭子
石岡宏太
引間高太
舩津洋平
井上卓
仲地一郎
坂巻文雄
中村守男
小山田吉孝
寺嶋毅
斉藤史武
佐山宏一
安田浩之
猶木克彦
別役智子
2016.12.19
  ~12.21
第57回日本肺癌学会学術集会
当院におけるニボルマブの使用経験 櫻井香
荒井大輔
正木克宜
塙龍太郎
重信敬夫
高橋秀徳
千代谷厚
田島敦志
仲地一郎
2016.12.19
  ~12.21
第57回日本肺癌学会学術集会
Nivolumab投与後にリウマチ性多発筋痛症(PMR)を発症した1例 櫻井香
荒井大輔
正木克宜
前川祐樹
友常健
永澤潤哉
高橋秀徳
千代谷厚
仲地一郎
2016.11.26 第177回日本肺癌学会関東支部学術集会
アデノウイルス5型による市中肺炎と診断した1例 松尾知樹
正木克宜
櫻井香
荒井大輔
高橋秀徳
千代谷厚
萩原繁広
大楠清文
仲地一郎
2016.11.19 第222回日本呼吸器学会関東地方会
真菌感作陽性の中等症・重症喘息患者の臨床的特徴(Keio-SARP) 正木克宜
福永興壱
松坂雅子
加畑宏樹
田野崎貴絵
持丸貴生
鎌谷高志
大塚健悟
馬塲里英
上田壮一郎
鈴木雄介
浅野浩一郎
別役智子
2016.10.22 アレルギー・好酸球研究会2016
ニボルマブによる薬剤性肺障害が疑われた1例 伊藤友紀子
正木克宜
櫻井香
荒井大輔
高橋秀徳
千代谷厚
仲地一郎
2016.7.9 第220回日本呼吸器学会関東地方会
Age at onset and adherence to ICS controller therapy among moderate to severe asthmatics. Masaki K
Fukunaga K
Kamatani T
Baba R
Tanosaki T
Ohtsuka K
Matsusaka M
Mochimaru T
Kabata H
Ueda S
Suzuki Y
Asano K
Betsuyaku T
2016.5.17 American Thoracic Society. San Francisco, USA
Visualizing the distribution of metabolites and the efficacy of BIBF1120 on metabolic status of lung cancer derived tumors by Imaging-massspectrometry (MS) Arai D
Yasuda H
Soejima K
Kagawa S
Hamamoto J
Nukaga S
Naoki K
Emoto K
Sugiura Y
Suematsu M
Betsuyaku T
2016.4.16
  ~4.20
AACR annual meeting 2016
結核病床の無い地域中核病院における結核感染症の診療状況について 仲地一郎
千代谷厚
高橋秀徳
正木克宜
田島敦志
小村賢祥
萩原繁広
小島貴子
2016.4.8
  ~4.10
第56回日本呼吸器学会学術講演会
禁煙外来用スマホ・アプリ“CureApp禁煙”の試験的使用報告 正木克宜
舘野博喜
亀山直史
佐竹晃太
鈴木晋
福永興壱
別役智子
2015.11.21
  ~11.22
第9回日本禁煙学会
学術総会
活動期に診断され、禁煙にて速やかに改善した肺ランゲルハンス細胞組織球症の一例 藤井遼
仲地一郎
正木克宜
高橋秀徳
千代谷厚
江本桂
上石修史
田島敦志
千嶋厳
2015.11.21 第217回日本呼吸器学会
関東地方会
Effect of fungal sensitization in patients with severe asthma Masaki K
Fukunaga K
Kamatani T
Ohtsuka K
Tanosaki T
Matsusaka M
Mochimaru T
Kabata H
Ueda S
Suzuki Y
Kamei K
Asano K
Betsuyaku T
2015.10.14
  ~10.17
23th World Allergy Congress
Subtraction of allelic fractions (delta-θ): a sensitive metric to detect chromosomal alterations in heterogeneous premalignant specimens Nakachi I
RS.Stearman
MG.Edwards
WA.Franklin
JL.Rice
Aik-Choon Tan
Jihye Kim
Minjae Yoo
Fujisawa A
Betsuyaku T
Soejima K
YE.Miller
MW.Geraci
2015.9.6
  ~9.9
16th World Conference on Lung Cancer
Effect of fungal sensitization in patients with severe asthma Masaki K
Fukunaga K
Kamatani T
Ohtsuka K
Tanosaki T
Matsusaka M
Mochimaru T
Kabata H
Ueda S
Suzuki Y
Kamei K
Asano K
Betsuyaku T
2015.5.26
  ~5.28
第64回日本アレルギー学会
学術大会
腫瘍間質細胞から産生されるIL-6が制御困難な発熱の原因であったHIV感染症合併肺扁平上皮癌の一例 正木克宜
久武祐太
南宮湖
紅林泰
下田将之
鎌谷高志
平野俊之
宮脇正芳
上田壮一郎
福永興壱
猶木克彦
副島研造
別役智子
2015.5.23 第214回日本呼吸器学会
関東地方会
真菌抗原感作が重症喘息に与える影響 正木克宜
福永興壱
鎌谷高志
大塚健悟
田野崎貴絵
松坂雅子
持丸貴生
加畑宏樹
上田壮一郎
鈴木雄介
中村守男
小山田吉孝
井上卓
梅田啓
浅野浩一郎
別役智子
2015.4.17
   ~4.19
第55回日本呼吸器学会
学術講演会
金製剤による薬剤性肺障害の1例 堀江知史
仲地一郎
上石修史
高橋秀徳
千代谷厚
黄英文
田島敦志
今井明
2014.12.13 第611回日本内科学会
関東地方会
喀痰培養よりVibrio furnissiiが検出された細菌性肺炎の一例 坂本千明
黄英文
萩原繁広
仲地一郎
高橋秀徳
千代谷厚
2014.11.22 第212回日本呼吸器学会
関東地方会
慢性壊死性肺アスペルギルス症の典型的な一例 足立拓也
上石修史
千代谷厚
高橋秀徳
仲地一郎
2014.10.23 第17回栃木RTIフォーラム
当院でのCOPD診療の現状 上石修史 2014.6.13 第2回宇都宮呼吸器セミナー
原著論文・著書
論文名著者発表年掲載誌名
ICU実践ハンドブック 喀血 無気肺の項目 加茂徹郎   ICU実践ハンドブック
Prognostic understanding at diagnosis and associated factors in patients with advanced lung cancer and their caregivers Takashi Sato
Kenzo Soejima
Daisuke Fujisawa
Mari Takeuchi
Daisuke Arai
Ichiro Nakachi
Katsuhiko Naoki
Ichiro Kawada
Hiroyuki Yasuda
Kota Ishioka
Shigenari Nukaga
Keigo Kobayashi
Katsunori Masaki
Takashi Inoue
Kota Hikima
Morio Nakamura
Keiko Ohgino
Yoshitaka Oyamada
Yohei Funatsu
Takeshi Terashima
Naoki Miyao
Koichi Sayama
Fumitake Saito
Fumio Sakamaki
Tomoko Betsuyaku
  The Oncologist in Press
Real-world Efficacy and Safety of Nivolumab for Advanced Non-Small-cell Lung Cancer: A Retrospective Multicenter Analysis Kobayashi K
Nakachi I
Naoki K
Satomi R
Nakamura M
Inoue T
Tateno H
Sakamaki F
Sayama K
Terashima T
Koh H
Abe T
Nishino M
Arai D
Yasuda H
Kawada I
Soejima K
Betsuyaku T; Keio Lung Oncology Group (KLOG)
  Clinical Lung Cancer 19(3):349-358
Exhaustion of Airway Basal Progenitor Cells in Early and Established Chronic Obstructive Pulmonary Disease Ghosh M
Miller YE
Nakachi I
Kwon JB
Barón AE
Brantley AE
Merrick DT
Franklin WA
Keith RL
Vandivier RW
  American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine 197(7):885-896
Variant CD44 expression is enriching for a cell population with cancer stem cell-like characteristics in human lung adenocarcinoma Nishino M
Ozaki M
Hegab AE
Hamamoto J
Kagawa S
Arai D
Yasuda H
Naoki K
Soejima K
Saya H
Betsuyaku T
  Journal of Cancer 8(10):1774-1785
12-OH-17,18-epoxyeicosatetraenoic acid alleviates eosinophilic airway inflammation in murine lungs Mochimaru T
Fukunaga K
Miyata J
Matsusaka M
Masaki K
Kabata H
Ueda S
Suzuki Y
Goto T
Urabe D
Inoue M
Isobe Y
Arita M
Betsuyaku T
  Allergy 73(2):369-378
A prospective cohort study of patients with non-squamous non-small cell lung cancer treated with bevacizumab Naoki K
Takeda Y
Soejima K
Arai D
Naka G
Nagase S
Arimura K
Kanemura T
Ohhira T
Ikeda N
  Oncology Letters 13(5):3285-3290
Pulmonary Cryptococcosis Developed from a Nodule after Treatment with Infliximab for Arthritis Associated with Ulcerative Colitis Asakura T
Arai D
Ishii M
Takei H
Sugiura H
Takeuchi T
Betsuyaku T
  Annals of American Thoracic Society 14(4):603-605
Characteristics of severe asthma with fungal sensitization Masaki K
Fukunaga K
Matsusaka M
Kabata H
Tanosaki T
Mochimaru T
Kamatani T
Ohtsuka K
Baba R
Ueda S
Suzuki Y
Sakamaki F
Oyamada Y
Inoue T
Oguma T
Sayama K
Koh H
Nakamura M
Umeda A
Kamei K
Izuhara K
Asano K
Betsuyaku
  Ann Allergy Asthma Immunol 119(3):253-257
Intraoral ulcer due to non-invasive positive pressure ventilation: an overlooked complication Masaki K
Chiyotani A
Nakachi I
2017 BMJ Case Report
知っておくべき感染症:肺炎 仲地一郎 2017 みやのわ
PTTG1 Levels are predictive of saracatinib sensitivity in ovarian cancer cell lines Ichiro Nakachi
Barbara Helfrich
Monique Spillman
E Mickler
C Olson
Jessica Rice
Christopher Coldren
Lynn Heasley
Mark Geraci
Robert Stearman
2016 Clinical Translational Science
A prospective cohort study of patients with non-squamous non-small cell lung cancer treated with bevacizumab(STOG1001). Naoki K
Takeda Y
Soejima K
Arai D
Naka G
Nagase S
Arimura K
Kanemura T
Ohhira T
Ikeda N.
2016 Oncology Letters
Erlotinib as Second- or Third-line Treatment in Elderly Patients with Advanced Non-Small Cell Lung Cancer:Keio Lung Oncology Group Study 001 (KLOG001). Miyawaki M
Naoki K
Yoda S
Nakayama S
Satomi R
Sato T
Ikemura S
Ohgino K
Ishioka K
Arai D
NamkoongH
Otsuka K
Miyazaki M
Tani T
Kuroda A
Nishino M
Yasuda H
Kawada I
Koh H
Nakamura M
Terashima T
Sakamaki F
Sayama K
Betsuyaku T
Soejima K
2016 Molecular and clinical oncology
Overcoming EGFR bypass signal-induced acquired resistance to ALK tyrosine kinase inhibitors in ALK-translocated lung cancer. Miyawaki M
Yasuda H
Tani T
Hamamoto J
Arai D
Ishioka K
Ohgino K
Nukaga S
Hirano T
Kawada I
Naoki K
Hayashi Y
Betsuyaku T
Soejima K
2016 Molecular Cancer Research
呼吸器内科紹介 仲地一郎 2016 連携だより 6月号
A phase Ⅱ study of biweekly paclitaxel and carboplatin in elderly patients with advanced non-small cell lung cancer Soejima K
Naoki K
Ishioka K
Nakamura M
Nakatani M
Kawada I
Watanabe H
Nakachi I
Yasuda H
Satomi R
Nakayama S
Yoda S
Ikemura S
Terai H
Sato T
Ohgino K
Arai D
Tani T
Kuroda A
Nishino M
Betsuyaku T
2015 Cancer Chemother Pharmacol 75(3):513-519
変わりゆく肺がんの薬物療法 仲地一郎 2015 みやのわ 46:1-4
講演・その他
講演内容演者講演年月日学会・講演会名
吸入指導連携を立ち上げて1年 成果と課題 正木克宜 2018.3.15 地域連携合同カンファランス
吸入指導連携 in 宇都宮 成果と展望 正木克宜 2018.3.7 城西呼吸器疾患懇話会
吸入指導連携 in 宇都宮 成果と展望 正木克宜 2018.2.26 肺の生活習慣病セミナーin宇都宮
COPDの診断と治療の最前線 光石彬史 2018.2.2 第18回 栃木県生体侵襲研究会
COPDの診断と治療の最前線 仲地一郎 2017.12.6 宇都宮市薬剤師会研修会
済生会宇都宮病院の吸入指導連携の取り組み 正木克宜 2017.12.6 宇都宮市薬剤師会研修会
免疫チェックポイント阻害剤使用中に発症した下垂体性副腎不全の2例 金夏倫 2017.11.25 肺癌制御医学セミナー2017
予期せず肺ノカルジア症と診断し、治療に難渋した一例 西田梨紗 2017.11.9 第20回栃木RTIフォーラム
吸入指導連携開始半年後の成果と課題 正木克宜 2017.11.6 第2回宇都宮吸入指導連携セミナー
呼吸器医としての患者・家族との関わり方 仲地一郎 2017.10.6 職業倫理シンポジウム
予測困難なBevacizumabによる有害事象を生じた肺癌の1例 光石彬史 2017.9.21 Chugai Lung Cancer Symposium in Tochigi
有害事象出現によりICIの継続に迷った2例 光石彬史 2017.9.20 第3回免疫チェックポイント阻害薬セミナー in 宇都宮
PD-1阻害剤の2ndライン治療について(中間報告) 仲地一郎 2017.8.31 Immuno-Oncology Forum in Tochigi
抗菌薬総論 正木克宜 2017.7.22 研修医対象ミニレクチャー
微生物総論 正木克宜 2017.7.8 研修医対象ミニレクチャー
新規に診断された進行肺がん患者とその家族の病状と予後の理解 荒井大輔 2017.7.8 肺癌治療Immuno-Oncology Seminar
ARDSの総説 ~最近の話題をふまえて~ 加茂徹郎 2017.6.26 第5回宇都宮呼吸器セミナー ~地域連携を目指して~
タバコについて考える 正木克宜 2017.6.23
2017.10.13
早稲田大学グローバルエデュケーションセンター「こころとからだの健康」講義
呼吸管理研修講演 加茂徹郎 2017.6.1 呼吸管理研修
Meet the Expert in Tochigi オープニングリマークス 仲地一郎 2017.4.26 Meet the Expert in Tochigi
非小細胞肺がん Nivolumab使用経験の報告 仲地一郎 2017.3.3 慶應オプジーボ診療科連携カンファレンス
どうして必要?吸入指導 正木克宜 2016.11.28 宇都宮吸入指導連携セミナー
教えてドクター 『咳』、『肺がん』 仲地一郎 2016.8.22
2016.8.29
教えてドクター Radio Berry B-UP
治療にヤクダツ呼吸器検査 仲地一郎 2016.7.12 済生会宇都宮病院地域連携合同カンファレンス
呼吸器診療 最新のトピックス 仲地一郎 2016.6.14 さいみや透析連携懇話会
喫煙と禁煙について考える 正木克宜 2016.6.10
2016.12.16
早稲田大学 「こころとからだの健康」 講義
変わりゆく肺がん治療と当院での取り組み 荒井大輔 2016.5.23 第4回宇都宮呼吸器セミナー
喘息 -診断と治療- 正木克宜 2016.1.25 東京都臨床検査技師会講習会
クリゾチニブが長期間奏効した進行期肺癌の一例 中川知彦 2015.11.7 肺癌制御医学セミナー2015
ノカルジア症の一例 大野昌利 2015.10.22 第18回 栃木RTIフォーラム
当院におけるクリゾチニブの長期奏効例について 江田梢 2015.7.24 栃木北関胸部腫瘍研究機構
学術講演会(TOTOROの会)
インフルエンザを再考する~自験例をふまえて~ 正木克宜 2015.6.22 第3回宇都宮呼吸器セミナー
喫煙と禁煙について考える 正木克宜 2015.6.8
2015.12.18
早稲田大学 講義
間質性肺炎について 仲地一郎 2015.2.24 陽北薬剤師連携講演会
気道前癌病変のゲノム解析 仲地一郎 2015.1.17 第10回呼吸器内科研究会