整形外科

手・肘

手・肘は繊細かつ複雑な構造をもつ部位であり、その治療には専門の知識、技術を必要とします。神経や腱を含む複雑な外傷、外傷後の後遺症、特殊な関節障害、特殊な神経障害、リウマチによる変形、指・手首・肘などの運動障害などがそれにあたります。また、手は自分を表現する道具であり、患者さんの1人1人でその使い方が変わります。事務労働者、重労働者、主婦、小児、スポーツ選手、音楽家など患者さんの生活状態により手に求められる機能は変わるため、その治療法も変える必要があります。当科では、日本手外科学会認定手外科専門医2名を中心とし、各患者さんに応じた適切な治療を提供できるよう心掛けております。

また、手外科専門医以外では対応が難しい
 ・外傷後の拘縮・変形などの後遺症
 ・リウマチの手・肘の障害
 ・スポーツ選手の障害、外傷
 ・音楽家の手の障害
等も積極的に受け入れ対応しています。

手・肘のことでお困りのことがございましたら当院整形外科にご相談下さい。

主な対象疾患
外傷:骨折、靭帯損傷、腱損傷、神経損傷など
各部位の骨折【治療】保存治療(手術以外の治療)の可否を吟味した上、手術が必要な場合は的確な固定材料を
    選択し、低侵襲な手術を心掛けます。
屈筋腱・伸筋腱損傷 イメージ図 屈筋腱・伸筋腱損傷 【症状】腱は筋肉と骨をつなぐ組織です。
    損傷することにより、指の曲げ伸ばしなどができなくなります。
【治療】良好な動きを獲得するには適切な縫合手技とリハビリテーションを要し
    ます。   


  
一般社団法人日本手外科学会
 ホームページより引用
神経損傷【症状】神経は感覚と運動を伝える組織です。
    損傷部位にもよりますが感覚障害(鈍い、しびれる)運動障害(動かない)が生じます。
【治療】手術用顕微鏡を用いての縫合を要します。
三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷イメージ図 三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷【症状】手関節を捻るときなどに手関節小指側の痛み。
【治療】装具療法、関節内注射、関節鏡を用いた縫合術などを行います。 




 
一般社団法人日本手外科学会
 ホームページより引用

末梢神経障害:手のしびれ、痛み、麻痺などの症状
手根管症候群イメージ図 手根管症候群【症状】母指・示指・中指のしびれ、母指の運動制限。
【治療】手根管内への注射、手根管開放術(神経の圧迫を取り除く)、母指対立
    再建術(他の力源を用いて母指の動きを再建する)などを行います。 




一般社団法人日本手外科学会
 ホームページより引用
肘部管症候群イメージ図 肘部管症候群【症状】環指・小指のしびれ、ピンチ力(母指・示指のつまみ力)の
    低下、小指の運動制限。
【治療】単純除圧術(神経の圧迫を取り除く)、神経移動術(神経を
    剥がしてよい環境の場所に移す)、腱移行術(他の力源を
    用いてピンチ力などを改善させる)などを行います。


一般社団法人日本手外科学会
 ホームページより引用
特発性前・後骨間神経麻痺【症状】肘周辺の突然の痛みののち、手指の麻痺が出現する。
【治療】数か月の保存治療で回復しない場合は神経剥離術(神経の周囲をはがし、神経に生じた
    くびれなどを解除する)を行います。

変性疾患:関節の変形などによる痛み、動きの制限
へバーデン結節イメージ図 へバーデン結節【症状】指先の関節の痛み,変形。
【治療】テーピング,関節固定術などを行います。





一般社団法人日本手外科学会
 ホームページより引用
母指CM関節症イメージ図 母指CM関節症【症状】母指の基部の痛み、突出。
【治療】装具療法、関節内注射、関節形成術(関節を違った形で作り
    直す)、関節固定術(関節を適切な肢位で固定する)などを行い
    ます。




一般社団法人日本手外科学会
 ホームページより引用
変形性肘関節症【症状】肘の痛み,動きの制限。
【治療】関節内注射、骨棘切除術(変形で生じた骨の突出を切除する)、人工関節置換術(傷んだ
    軟骨を切除し、金属やポリエチレンでできた人工の関節に入れ替える)などを行います。

炎症性疾患
腱鞘炎(ばね指,ドケルバン病)イメージ図 腱鞘炎(ばね指,ドケルバン病)【症状】指を動かすと痛い、ひっかかる。
【治療】腱鞘内注射、腱鞘切開術(狭くなった腱の通り道を広げる)などを
    行います。




一般社団法人日本手外科学会
 ホームページより引用
上腕骨外側上顆炎(テニス肘)イメージ図 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)【症状】手関節を動かしたときの肘外側の痛み。
【治療】装具療法、ストレッチ、肘関節鏡手術などを行います。




一般社団法人日本手外科学会
 ホームページより引用
関節リウマチ【症状】手指・肘関節の変形、痛み、機能障害。腱の断裂を起こし、手指が動かなくなることも
    あります。
【治療】装具療法、滑膜切除術(痛み、関節破壊の 原因となる病的な滑膜を切除する)、
    関節固定術(関節を適切な肢位で固定する)、人工関節置換術(傷んだ軟骨を切除し、
    シリコンや金属でできた人工の関節に入れ替える)、腱移行術などを行います。
イメージ図 関節リウマチ
一般社団法人日本手外科学会
 ホームページより引用

拘縮:手指、肘が動かない。
外傷後拘縮【症状】骨折などの外傷後に起きた拘縮。
【治療】装具療法、授動術(癒着した組織を剥がして動きを改善させる)などを行います。
デュプイトラン拘縮イメージ図 デュプイトラン拘縮【症状】掌から指にかけて硬結ができ、手指(主に環指・小指)が曲がり
    伸びなくなる。
【治療】注射もしくは手術により硬結した組織を切断・切除します。

一般社団法人日本手外科学会
 ホームページより引用

腫瘍:腫れ、しこり

先天異常:出生時より、指が多い・少ない・癒合しているなど