• TAVI 経カテーテル大動脈弁留置術
  • ハイブリッド手術室
  • ロボット支援手術
  • 救急医療ER
  • 地域がん診療連携拠点病院

病院からのお知らせ

初開催!済生会フェアを開催しました

9月8日(日)、「医療と福祉でつなぐ地域の笑顔と済生会」をテーマに「済生会フェア」を開催し、約4200人が来場しました。「済生会フェア」は、地域の皆さまに済生会を知って頂くこと、健康や医療について興味を持って頂くことを目的とした今回初開催のイベントです。

午前10時、屋外ステージで行なわれた開会式で小林健二院長が開会を宣言。その後もこの日のために用意された屋外エリアは、地域の方々によるコンサートやゆるキャラ・バルーンアートなどのステージパフォーマンス、救急車両展示やミニ新幹線乗車コーナーなどで盛り上がりを見せていました。

院内にも、無料健康測定や健康体操教室、医療・介護相談、済生会の各施設を紹介する展示コーナーなど40を超えるプログラムを用意しました。手術室や検査室を見学できる院内探検ツアーは開催と同時に整理券が配付終了となる人気ぶり。お子様向けの白衣試着体験や調剤体験、段ボール迷路、駄菓子屋なども大賑わいで、幅広い年代の方々に楽しんで頂けました。

午後は講堂みやのわホールにて記念講演会を開催。済生会の炭谷茂理事長は「地域と歩む済生会~済生会が目指すこと~」と題し、「これからの済生会は、病院や福祉施設で限られたサービスだけを行なうのではなく、人と人との結びつきを強めるため『ソーシャルインクルージョン計画』を策定し地域全体の発展に貢献する」と訴えました。続いて、2012年ロンドン五輪・女子団体銀メダリストの平野早矢香さんが「昨日の自分より一歩前へ~卓球から学んだ挑戦することの大切さ~」と題し講演。「私が大切にしてきた言葉は『日々前進する』。他の選手と比較するのではなく、『昨日の自分に勝つんだ!』という思いで競技してきた」と卓球を通じて得たメンタルの鍛え方を披露しました。

済生会フェアは終始笑顔と活気に溢れ、普段とは違った病院の雰囲気に来場者だけでなく、職員も楽しんでいる様子でした。栃木県済生会は、これからも、医療・福祉サービスの充実に努め、皆さまと共に歩んで参ります。

なお、済生会フェアの駄菓子屋やかき氷の売上金は、地域の子どもの貧困解決を目指す「子どもsunsunプロジェクト」に寄付させて頂きます。

 

 ennitihakui

enniti2yakuzaisi2

entoransuinnaita

innaitankenjinkoshinpai

kyumeikittin

koureisyakurasitotipepusu

peppasutaba

kare byoutou

shinkansen2uketukeu

staffkenkosokutei

koureisyakurasi2sutanprari

kenkoutaisookuti

tearaitearai2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【済生会フェア当日パンフレット】

saiseikaifea2019 saiseikaifea2019

【済生会フェアポスター】

saiseikaifea2019 saiseikaifea2019

主催:栃木県済生会支部
   ・済生会宇都宮病院
   ・訪問看護ステーションほっと
   ・うつのみやなでしこ保育園
   ・おはなほいくえん
   ・済生会宇都宮病院看護専門学校
   ・済生会宇都宮乳児院
   ・済生会高齢者ケアセンター

診療時間のご案内

  • 初診・再診受付時間のご案内
    午前8:30~11:00
    ※一部、受付時間が異なる診療科がございますので、ご注意ください。
    詳しくはこちらをご参照ください。
  • 休診日
    日曜・祝日・創立記念日(5月30日)
    年末年始(12月29日~1月3日)
    • お問い合わせ(代表)
      TEL:028-626-5500
      受付(日・祝日除く)
      月曜~金曜 8:30~17:30
      土曜    8:30~12:30
    • 診察予約変更お問い合せ
      TEL:028-626-5645
      受付(土日・祝日除く)
      月曜~金曜 13:00~17:00
      午後のみ

職員採用・求人情報

医師研修医募集看護師募集
コメディカル事務・その他ボランティア