薬剤部のご案内

入職希望者の方へ

薬剤部長

1.業務体制

 済生会宇都宮病院薬剤部は「調剤課」、「薬品管理課」、「病棟薬剤課」、「薬剤情報課」の4課に分かれて業務を行っています。入職後は約3か月間の研修期間を設け、基本的な業務について学びます。また、10月からは月に1~2回程度の日勤、夜勤にも入ります。数年間、調剤や薬品払出し、注射処方せんに基づく個人払出し、抗がん薬混注などの業務に携わりながらスキルを向上し、病棟業務の研修を経て病棟担当薬剤師として活躍の場を広げます。その中で臨床経験と知識を蓄えながら、薬剤師としての職能を十二分に発揮し成長できる環境づくりをしています。

2.人材育成

 薬剤師として必要な知識・技能習得のための勉強会や学会・研修会などへの参加、また医療人としての資質向上のために院内の教育研修プログラムや講習会などへの参加など、多くの勉強会に参加していただきます。また、学会発表や文献投稿などへのチャレンジもサポ-トしています。そして、薬剤師として研鑽を積み将来の方向性が見えてくると、専門・認定薬剤師の資格取得にチャレンジすることも可能です。また、経験年数に合わせてマネジメント能力も必要となってきます。薬剤師力と共にマネジメント力も身に着けていただきます。

3.チーム医療

 当院では多くのチーム医療や部署に薬剤師を配置しており、職能を発揮しています。
 チーム医療
  irAE対策チーム
  栄養サポートチーム(NST)
  化学療法サポートチーム
  感染対策チーム(ICT)
  緩和ケアチーム
  抗菌薬適正使用支援チーム(AST)
  災害派遣医療チーム(DMAT)
  褥瘡対策チーム
 薬剤師配置先
  病棟(16病棟)
  安全管理室
  外来化学療法センター
  手術室
  入院サポートセンター

4.職場環境

 当院ではワークライフバランス(WLB)を重視しています。私生活と仕事が両立できるよう薬剤部としても取り組んでいます。特に女性は結婚・出産・育児という生活環境の変化が大きく、育児休暇からの復職への不安なども大きいと思います。それぞれの生活環境や仕事への考え方などを考慮し、安心して働ける環境づくりも目指しています。

 当院薬剤部では調剤・製剤・薬品管理・薬品情報を基本業務とし、患者さんと向き合える服薬指導、チーム医療として携わる医薬品の適正使用、認定・専門薬剤師というスペシャリストへの道など総合病院ならではの仕事の広がりを経験できます。また、WLBを重視し、働きやすい環境つくりにも力を入れています。
 当院に興味を持たれた方へは随時職場見学が可能です。見学していただくことで、職場の雰囲気など感じて、いろいろなことを聞いてみてください。
 是非、県央宇都宮で中核となる当院で一緒に地域医療に貢献してみませんか?

先輩薬剤師の声
入職7年目(薬剤師歴12年目)

 私は、現在ICU/CCU病棟担当薬剤師として従事しておりますが、当薬剤部では毎年担当病棟が変更されます。様々な分野の病態や薬物療法を経験することで、薬剤師としての早期のスキルアップに繋がっています。また、感染制御認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師を取得しており、院内の抗菌薬適正使用支援チーム(AST)の薬剤師としても活動しています。ASTの薬剤師として院内の抗菌薬使用状況の把握、細菌検査室との情報共有、主治医チームへの治療提案を実施しています。当院では認定取得に向けてバックアップをしてくれています。遠方での勉強会や学会などは出張扱いで参加させて頂くことができます。また、臨床で経験した症例や疑問を元に、報告や研究を行っていくための支援が充実しているため、そうして得た知見を未来の患者さんへ還元することができます。

入職2年目(薬剤師歴9年目)

 以前の病院では病棟業務に従事しており、入院で抗がん剤治療を受ける患者さんに服薬指導をしていました。しかし、限られた癌種や化学療法の症例が少ないこともあり、患者さんに接するたびに感じたのは自分の薬剤師としての無力さやもどかしい気持ちでした。そのような経験から、がん治療における専門的な知識をもって薬剤師の立場から最善の治療となるように導きたいと思い、がん診療連携拠点病院である当院への転職を決意しました。実際に入職してみると、数多くの抗がん剤調製やさまざまな癌種の化学療法を経験でき、必要な知識と技能を身に付けることができると感じています。また、がん領域だけでなく、幅広い疾患の薬物療法に触れることができるのも総合病院ならではの魅力の一つだと思っています。わからないことや困ったときは、知識が豊富な先輩方へ相談しやすい環境のため、日々刺激を受けながら働くことができています。
 今後の目標としては日常業務の中で学んだことを吸収し、がん薬物療法の資格取得を目指して頑張りたいと思っています。

入職5年目

 2年間の調剤業務を経て、病棟薬剤師として1病棟を担当させてもらうことになりました。当院では病棟薬剤師を全病棟に配置し、毎年病棟薬剤師の配置替えを行っています。そのため薬剤師一人一人が幅広い疾患・治療について研鑽を積むことができます。初めて病棟を担当した年には、疾患についての理解、薬以外の治療法、ガイドライン、栄養学、薬剤の投与ルート、薬の使い方など必要な知識がたくさんあり自分の力不足を痛感することが多かったですが、患者さんや他職種との関わりの中で少しずつ知識を深めていくことが出来ました。勉強の毎日で大変ではありますが、患者さんとの時間は大事にして対応するよう心がけています。患者さんからの「いつもありがとうね」の言葉は何よりもうれしく、仕事の励みになっています。分からないことがあれば経験豊富な先輩方がいつでも親身になって相談に乗ってくれるため、一人で抱え込まずに業務に当たることが出来ています。チーム医療において頼れる薬剤師になれるように、日々努力していきたいです。

入職2年目

 「地元に根ざした病院で、地域の患者さんと関われる薬剤師になりたい」と思い、この済生会宇都宮病院に入職を決めました。
 今は調剤室で医師の処方に沿って、患者さん一人ひとりに合わせて薬を調剤しています。その他、抗がん剤の調製や外来での服薬指導なども行っています。就職して約1年が経ち、一連の業務にも慣れてきました。入職当初に比べて処方の疑問点を見つけ、疑義をする機会も増えてきたと思います。入職時は知識も足りず、業務を行うことに精一杯でした。そんな私に先輩方は、処方1つ1つ説明してくださりました。まだまだ勉強不足で分からない点も多いです。その都度上司や先輩方に相談して解決し、学んでいます。どんな時も丁寧に教えてくださる上司、優しく気にかけてくれる先輩方、なんでも話せる同期がいて、私は恵まれた所で働いているなと改めて思います。
 今年は来年に向けての病棟研修なども始まります。薬だけでなく、病態についての知識もより必要になってくると思うので、今から少しずつ勉強しています。多くのことを学び、将来は患者さんだけでなく他職種から「この人に相談したら安心」と思われるような薬剤師をめざして頑張りたいです。



新人研修スケジュール