診療放射線技術科

X線透視検査

X線透視検査とは

普段は体の中を見ることが出来ませんが、X線を用いると体の中の状態を知ることが出来ます。さらに造影剤を飲んだり注入することでより詳しく体内の情報を得ることができ、治療に役立てていく検査を担っているのがX線透視検査です。
皆様がよくご存じのバリウムを用いた検査では消化管疾患の診断、血管用造影剤を使用した検査では外科系の疾患や治療に役に立てています。
その他では整形外科領域の骨折や関節脱臼の整復、内視鏡や超音波を併用した精密な検査を行うこともあります。

検査装置

当院には透視撮影・内視鏡+透視装置・ESWL(外衝撃破砕)装置が設置されていろいろな検査に対応しています。

写真 X線透視装置  写真 透視装置  写真 ESWL(外衝撃破砕)装置
X線透視室での主な検査
食道・胃・腸透視検査 バリウムなど造影剤を飲んでもらい検査します
大腸透視検査 肛門からバリウムなど造影剤を注入して検査します
経静脈的腎盂造影 血管から造影剤を注入し時間で撮影します
子宮卵管造影 注入する造影剤により翌日にもう一度撮影だけを行います
脊髄・椎間板・関節造影・
神経根ブロック
脊髄腔・椎間板の造影や除痛を行います
PTCD
(経皮経肝胆道ドレナージ)
経皮的に管を肝内胆管に挿入し胆汁を外に出します
ERCP
(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)
口から内視鏡を挿入して膵管・胆道系を調べる検査です
気管支・大腸ファイバー 口・肛門から内視鏡を用いて気管支・大腸を調べます
※X線を使用することもありますが、場所を確認するためで
フィルムとしては撮影しません。

クリックすると画像が表示されます

検査にあたっての注意
  • X線を使用する検査ですので、妊娠または可能性のある方は検査を受けられません。
  • 検査前日より食事制限等がある検査があります。
  • 検査の種類によってお着替え問診票・同意書などがあります。
  • 予約の検査ですので時間前にお越しください。