超音波検査課

業務紹介

超音波検査課では、腹部・心臓・乳腺や甲状腺・血管など、多くの領域の検査を行っています。
通常の予約検査の他に緊急検査にも対応し、超音波診断科の医師と連携し迅速で質の高い検査を提供しています。また日本超音波医学会の認定超音波検査士の資格を取得し、各自が知識・技術の向上に努めています。
この他に、健診センターに出向し、超音波検査以外にも心電図・肺機能・血圧脈波などの生理機能検査も行っています。
超音波とは

人が聞くことを目的としない周波数の高い音です。
この音を身体に当て、身体の中から反射してきた音を捉えて、画像化して診断するのが超音波検査です。
人体にはなんら悪い影響はなく、胎児の発育状況をみるのも超音波検査です。

写真 超音波検査機器
注意:

検査内容によっては食事の制限が生じます。
・ 腹部超音波検査は食事することによって、胃に食物残渣や腸管ガスが多くなり画像の描出が不良になったり、胆嚢が小さくなったりします。
・ 膀胱の内部を見る場合は排尿の制限が生じます。

検査領域

○ 上腹部(肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓など)
○ 下腹部(婦人科領域・泌尿器科領域) ○ 消化器系(胃・十二指腸・小腸・大腸など)
○ 体表臓器(乳腺・甲状腺・頚部・リンパ節など)
○ 血管系(頚動脈・四肢の動静脈など)
○ 心臓(経胸壁心臓超音波・経食道心臓超音波)
○ 胎児超音波

例えば、こんなことが判ります

○ 肝臓:脂肪肝の程度、肝癌の有無など
○ 胆嚢:胆石、ポリープの有無など
○ 腎臓:腎結石、水腎症、腎臓癌の有無など
○ 婦人科領域:子宮筋腫、卵巣腫瘍の有無など
○ 産科領域:胎児の推定体重や性別
○ 泌尿器科領域:膀胱腫瘍、前立腺肥大、前立腺癌の有無など
○ 乳腺:乳癌、乳腺症、乳腺嚢胞の有無など
○ 甲状腺:バセドウ氏病、橋本病、腫瘍の有無など
○ 心臓:心筋梗塞、弁膜症、心筋症、先天性心疾患の有無、人工弁の状態把握など
○ 血管系:動脈硬化の程度、動静脈の狭窄や血栓の有無など
○ その他:脂肪腫、血管腫、粉瘤、ガングリオンなどの有無

必要に応じて

乳腺や甲状腺やリンパ節の検査などで必要に応じて、各臓器に針を刺して細胞を吸引したり組織を採ったりして、より精密な検査を実施しています。
(この場合は、検査の意義や内容を説明し、患者さんのご理解を得てから検査を実施しています。拒否することも可能です。)
肝臓内の腫瘍が通常の超音波検査で存在診断が困難な時や腫瘍の良悪性の鑑別を行う時に超音波造影剤を用いて検査を施行しています。

治療としての役割

○ PEIT:肝細胞癌に99%のエタノールを注入し、壊死させるものです。
○ RFA:肝細胞癌や転移性腫瘍に対し電気的に焼灼し、壊死させるものです。
○ その他、いろいろなところで活躍しています。